腸内改善してダイエット。ビフィズス菌にオリゴ糖をプラスしてポッコリお腹を解消!

ダイエットをしている方なら、便秘がダイエットの敵であることはよく知られています。お腹が張る、下腹ポッコリの状態が改善されれば、体調も良くなり、理想的な腰回りになるはずです。

ビフィズス菌を増やすためには

腸内環境改善のために、ビフィズス菌などの有用な菌が入ったヨーグルトが数多く市販されています。
でも、そうしたヨーグルト製品を日々飲んだり、食べたりしていても、ビフィズス菌の餌となるオリゴ糖にまで目がいかない方が多くいます。腸内環境を改善するためにヨーグルトを摂取するならば、ビフィズス菌が餌とするものを一緒に摂る必要があります。

オリゴ糖の発見

オリゴ糖はビフィズス菌の発見から見つけ出されました。ビフィズス菌の発見は、母乳によって育てられた子供が、人工乳によって育てられた子供より、下痢などの疾患の罹患率が低く、罹患しても軽症ですみ、また治癒もはやいという事実から研究が進んだ成果です。
母乳によって育成した健康な子供の便からビフィズス菌が発見され、そしてビフィズス菌の増殖因子となっていた物質=オリゴ糖が発見されました。

ボトル入りのオリゴ糖は?

オリゴ糖というと、よくボトル入りのシロップを思い浮かべる人がいます。確かにこれもオリゴ糖を集約したものですし、これを使えば簡単です。しかし、ダイエッターがこれを常備するのは考えものです。
甘味はダイレクトに脳に響きますので、身体にいいからといって使いすぎてしむことになりかねません。ですから、なるべくオリゴ糖を多く含む食材から摂取した方が良いと思います。

オリゴ糖が多く含まれる食品

オリゴ糖が含まれる食品は、玉ねぎ、牛蒡、ニンニク、バナナ、大豆などです。
これらを使った料理を、ヨーグルトともに頂けばヨーグルトの中に入っている有用な菌がオリゴ糖を餌にして増え、腸内環境が改善されます。

オリゴ糖摂取を日々続けるために

オリゴ糖とヨーグルトをどうしたら日々摂取し続けられるでしょうか。一番簡単なのは、ヨーグルトとバナナ、きな粉を入れたドリンクです。

バナナときなこ(大豆)はオリゴ糖を含み、ヨーグルトにはビフィズス菌が含まれています。また便秘解消に役立つ繊維質が大豆には多く含まれていますので、一石二鳥です。毎朝頂けば、排便リズムも整い、便秘が解消され、ポッコリお腹が解消されます。

スポンサーリンク