胸の大きさを隠す!着こなしですっきり見せるヒント集

「胸が大きくて悩んでいる」なんていうと、「いいなぁ」「贅沢な悩みだね」なんてて言われたりしますよね。

けれど実際胸が大きい人の中には、おしゃれしたくてもトップスのサイズが無かったり、胸元のかわいいデザインが変に伸びてしまったり、かわいくまとめたいのに妙にセクシーになってしまったりして、悩んでる人も多いと思います。

それでは実際に、胸の大きい人は着こなしのどんな点に気を付けたらいいのでしょうか?

胸が悪目立ちする服

最近では、トップスの服をボトムスにINしてウエストをマークする着こなしが流行っていますね。

しかし胸の大きい人がそれをやると、胸とウエストの差が目立って胸の大きさが悪目立ちしてしまいます。

このような着こなしは避けるようにか、カーディガンを羽織るようにしましょう。

またはトップスの素材にぴったりするようなリブのニットは避け、ふわっとするシフォン素材のトップスを選ぶようにするのがおすすめです。

ネックラインに気を付けよう

トップスのネックラインは、胸をきれいに見せるものを選びましょう。

ボートネックやスクエアネックは、胸から首のラインにかけてすっきりと見せてくれるのでおすすめです。

トータルネックは一見胸元を隠してくれるように見えますが、首元がつまりすぎてかえって悪目立ちしてしまうので気を付けてください。

ラウンドネックなどの曲線をおびたものは体の丸みを強調してしまうので避けるようにしましょう。反対にVネックなど、直線的なネックラインのものは胸元をシャープに見せてくれるでしょう。

固い素材のはおりものをプラス

コーディネートの仕上げには、固い素材のベストやジャケットをプラスするのがおすすめです。

やわらかいカーディガンなどでは胸のラインが良くわかってしまいますが、かっちりした素材のはおりものであれば体のラインを隠してくれますから、すっきりとしたコーディネートに仕上がります。

胸が大きい人でも、ポイントに気を付ければおしゃれを楽しむことは十分可能です。

「胸が大きい」ということは、着こなしをセクシーに、ゴージャスに見せることができるといえます。体の特徴をプラスにとらえ、メリットを生かし着こなしを楽しんでいきましょう。

その他コンプレックスがある人におススメヒント

下半身太りには、マキシ丈スカート

エスニックな雰囲気漂う、マキシ丈スカートですが、こちらならば、自然に下半身をカバーすることが出来ます。
オシャレなトップスと合わせることで、オシャレ上級者の装いもできますよ。

気になる二の腕はドルマンスリーブでカバー

ゆったりとした、ドルマンスリーブのトップスなら、気になる二の腕や、お腹周りの脂肪を、さり気なくカバーできるのでお勧めです。
鎖骨が出ることで、細く見える効果もあり、女性的なシルエットを作り出します。

7分袖、7分丈がおすすめ

体型を細く見せるのに、7分袖が役立ちます。全体的なバランスとして、手首を出している方が、シルエットが細く見えます。
スーツなども、なるべく7分袖のものを選ぶと良いでしょう。
パンツなどのボトムに関しても、10分よりも、7分くらいで足首が見えていたほうが、脚が細く長く見えます。

細く見えるコツは、「首」を見せること

首周りを露出したり、手首や足首を見せるファッションの方が、すっきりとしたシルエットになり、ほっそりとして見えます。
気になる部分はカバーしつつ、その3点を見せるような服装を意識すると、さり気なく気になる所を隠し、痩せて見えるのでお勧めですよ。

ぽっちゃりとした体型であることで、出来ないファッションもありますが、ほんの少しの工夫で、色々なオシャレを楽しむことが出来ます。
さり気なく体型をカバーしつつ、色々なファッションを楽しみましょう。

スポンサーリンク