40代を過ぎると痩せにくい体質になる人もいるので注意!ポジティブダイエット

ダイエットはただでさえ辛く苦しいものです。20代、30代でもそうなのですが、40代を過ぎると、これは男性にも共通する事ですが、段々痩せにくい体質に変化します。ダイエットの成功体験のある方でも、それが通用しにくくなって来るのです。

一度ついた脂肪分を、体がそのまま蓄えておこうとする、これは年齢から来る仕方のない事なので、その部分はあきらめて、ここでは、それでも3か月スパン、6か月スパン、と期間を設定する事によって自分のなかで目標を明確にして、目指す体重に近付けて行く、そのための秘策を伝授します。

甘い物はまったく摂らないのではなく、自分へのご褒美に節度をもって許す

歳を重ねれば、甘いものだけでなく、人によっては高血圧等で、塩分も控えてくれ、と言われて、味気ない食事を摂ってらっしゃる方もたくさんいらっしゃいます。ここでは、ダイエットの大敵・甘い物やスイーツは、まったく禁止するのではなく、節度を持って、例えば週に1度、休みの前の日は自分へのご褒美として許すとか、あまりギュウギュウに自分を追い込まないようにプランを設定する事がじつは肝心なのです。

何故ならそれでストレスが溜まって、結果歯止めが効かず、暴飲暴食につい走ってしまい、
その自己嫌悪で厭な思いをする、と言った実例があまりにも多いからです。
自己嫌悪を感じてしまっては、せっかくダイエットを続けて行こう、と言う勇気に水を差してしまいかねません。

ですからここは、プランにはあそびの部分=アロワンスをちゃんと設定してあげて、甘い物はまったく摂らないのではなく、自分へのご褒美に節度をもって許す、と言う風に、ポジティブにプランを決めてください。

体重の減り方が緩やかになったり、ストップしても焦らずに!

ダイエットをしていると、体重の減り方が段々緩やかになったり、ストップしてしまったり、中には若干ですが微増してしまうケースも見受けられます。

でも、そんな時でも絶対に、焦らないでください。
ペースを保って淡々とメニューをこなしていれば、必ず体重は減って来ます。

なにより、ペースを守る事によって、それが生活習慣のなかに自然に溶け込みますから、段々と、目標の体重に近付いていくはずです。ですから、体重の減り方が緩やかになったり、ストップしても焦らずに!
あきらめないでポジテイブに。

ダイエットは辛いものですが、いわば自分自身の生活習慣も含めた「断捨離」と同じです。あなたの努力が報われて、あなたの未来が輝きますように。