ごはんやスイーツが大好きでやめられない方!たった1ルールでダイエットを成功させる食事法

世の中にはいろいろなダイエット方法がありますが、今までにダイエットに何度も失敗している人が、確実に効果を出すには、やはり食事のコントロールが多かれ少なかれ不可欠です。

食生活を変えるということは生活習慣を変えるということ。もちろん一筋縄では行きませんが、少しずつでも身につけていけば、自然と太りにくい身体を手に入れることができます。

今回ご紹介するのは、食事コントロールの中でも、「主食やスイーツが大好き」「カロリー計算は苦手」「ストレスがたまるとつい食べてしまう」といった方にぴったりの方法。怖い生活習慣病の予防にも効果的です。

「糖質+糖質」を避ける

といっても、なんのことかわからない、という方も多いかもしれません。ダイエットの第1歩ということで、あまり厳密である必要はありませんから、「糖質=炭水化物と甘いもの」と思って、考えてみましょう。

例えばイタリアンのランチでは、パスタにパンが添えられていることが多いですが、これは糖質被りでNG。パンは先に断ってしまいましょう。ラーメンと半チャーハン、うどんとかやくごはんなども人気のセットですが、これも糖質+糖質です。このように、1回の食事で糖質が2つ以上にならないようにします。

次にデザートですが、例えばパンケーキは炭水化物が使われている上に甘い、のでNG。けれどもゼリーなら炭水化物は使われていないのでokとなります。塩味のクラッカーなども大丈夫ですね。

飲み物の「糖」に注意

ここで盲点になるのが「甘い飲み物」です。せっかく食事内容に注意しても、一緒に糖分の入った飲み物を飲んでいては糖質+糖質になってしまいます。

いっぱい食べているのに太らない人というのは、食事の時にお茶やお水、ノンシュガーのコーヒーなど、カロリーや糖分のない飲み物を飲む習慣がついていることがほとんど。もし飲みたくなった時には、間食1回分と数えましょう。

いかがでしたか?量やカロリーを制限するのではなく、組み合わせにルールを設けた食事コントロールなら、ハードルが低く感じる方も多いのではないでしょうか。ぜひチャレンジしてみてください。