体型を隠したい!ダイエットいらずの細身ファッション術

スリムな女性が身に着けるスキニージーンズやコンパクトなアウターはよりスタイルをよく見せていて魅力的です。
「でも私はあんなにスリムじゃない」とお悩みのぽっちゃりさんでも、洋服の選び方でスリムに見せることができるのです。

サイズに気を付ける

ぽっちゃりさんはその体型を隠したいがために大きめサイズの洋服を選びがちです。
特にウエストを隠すことができるチュニックはぽっちゃりさんの必須アイテムと言ってもいいでしょう。

しかしウエストを隠すことを重視しすぎて、意外と見落としがちなポイントがあるのです。
それはチュニックの丈です。
いくらウエストを隠せるデザインの物でも、丈が自分に合っていなければ時にはおしりを大きく見せてしまいます。

また全身が大きめサイズの洋服と言うのも考え物です。
決して必要以上に大きく見せる必要はないので、特にジーンズやパンツはぴったりサイズの物を選んだ方がシルエットがすっきりします。

柄に気を付ける

ぽっちゃり体型を気にして、引き締め色の黒い洋服ばかりを選んでいませんか。
せっかくのおしゃれなのに全身が無地だとなんだかもったいない。
しかも柄物は時には細身ファッションの強い味方になるのです。

重要なのは、柄を使い過ぎないことです。
例えば上半身ぽっちゃりさんは下半身に柄物を持ってくることでそちらに目線が行くので、上半身があまり気にならなくなります。
全身に柄物を使ってしまうと体が大きく見えてしまうので、使う面積に気をつければ体型を隠しながら華やかさもアップします。

またストライプは縦のラインを強調するなど嬉しい効果を持った柄物も数多くあるので、ぜひ柄物に挑戦してみてはいかがでしょうか

メリハリを付ける

体型を気にして肌と言う肌を隠していると余計に体が大きく見えてしまうことがあります。
大事なのはメリハリです。
いわゆる「ボン・キュッ・ボン」の体型が美しいように、細い部分は思い切って出してみると簡単にメリハリが付けられます。

一番簡単なのは、手首や足首を出すことです。
腕や足に比べて手首や足首が細いのは当たり前。
七分丈のカットソーやクロップドパンツで体の細い部分を見せることですっきりした印象を与えることができるのです。

体型を気にしておしゃれをすることに躊躇していたぽっちゃりさん、これを期にぜひ自分にあったおしゃれを楽しんでみてください。