呼吸ダイエット!呼吸するだけでダイエットできる仕組み

「呼吸するだけでダイエットできる」なんて聞いたら、「ウソでしょ?」と思われる方がほとんどかもしれません。
しかし、本当に呼吸するだけで、ダイエット効果の期待大の方法があるんです。それは「腹式呼吸ダイエット」です。

腹式呼吸とは

腹式呼吸とは、お腹を膨らませて空気を取り入れ、横隔膜を上下に動かす呼吸法です。
ゆっくりとお腹をへこませながら鼻から息を吐いて、肺の奥の方にたまった空気も吐き出すように、最後までしっかりと吐きだします。
そして、吐いた時間の半分くらいの時間で、今度は息を吸っていきます。

腹式呼吸で期待できる主な効果

腹式呼吸をすると、何より体の中にたくさんの酸素を入れることができます。
普通生活している中で無意識におこなっている呼吸にくらべ、腹式呼吸では3倍の酸素量を肺に取り込めるとも言われています。
肺にたくさんの酸素が入ると、血液の中に酸素が吸収され、酸素をたっぷり含んだ血液が、今度は全身にめぐります。すると、血管は広がり、血流量が増えます。
また、腹式呼吸で横隔膜を上下運動させることで、周りの内臓をマッサージすることができます。これによって、さまざまな臓器が活性化されます。
体内の血流量が増え、内臓も活性化されると、基礎代謝量が増加します。そうすると、体脂肪が燃焼しやすくなり、ダイエット効果が期待できるというわけです。

それ以外にもこんな効果が

横隔膜による内臓マッサージで、腸が活性化されることで、便秘を解消することもでき、それもダイエットにつながります。
また、腹式呼吸は副交感神経を優位にし、リラックス状態になれる効果もあるので、ストレスによる暴飲暴食も防ぐことができます。

腹式呼吸は少し意識するだけで簡単にできる呼吸です。
しかもどこでもできて、必要な物もありません。普段の生活の中で取り入れるだけでいいのです。
数日続ければ思わぬ効果が表れてくるはずです。
ダイエットだけでなく、健康にも良いので、是非ためしてみてください。

スポンサーリンク