食事制限に注意!「減らす」ダイエットは難しいダイエットタブー

「食べる」とは、体内に食物を取り入れることです。「食べた分だけ重くなる」と言えば言い過ぎですが、食べ過ぎに心配してしまうのは、女の性でしょう。

しかし、だからと言って「食べない」を選択するのは危険です。最近では、脂肪や炭水化物を減らし、食事制限に努めることで、ダイエットを目指す女性が増えていますが、難易度が高く、身体にも負担になりやすいので注意が必要です。

極端に脂肪を減らすと……

脂肪の役割は身体をまもり、エネルギーを蓄えることです。そのため、それを過剰に減らしてしまうことは、車からエンジンを減らすようなものです。エネルギーとは糖分のことを指しますので、エネルギーである糖分を蓄えられなければ、身体に害が表れるのは言う間でもありません。

脂肪が貯まる理由は、ほかの栄養素を十分に摂れていないことが考えられます。人間に必要なことは栄養素をバランス良く摂取することですが、例えばビタミンやミネラルが不足していた場合、身体はそのことに不安を感じ、ビタミンやミネラルのかわりに脂肪を蓄え始めるのです。この対処法はひとつです。食事を制限するのではなく、バランス良く栄養を摂ること。それに尽きます。

極端に炭水化物を減らすと……

炭水化物を減らすダイエットがもてはやされた時期もありました。たしかに炭水化物を食べ過ぎると、血糖値が上昇するなどし、それらはやがて脂肪に変わると言われています。

しかし、だからと言って、それを極端に減らしてしまえば、身体に害が出るのは当然のことです。摂取を怠れば、脳の機能が低下し、集中力が出ない、ぼーっとすると言った悪影響の心配もあります。

それに、炭水化物は脂肪の燃焼にも不可欠です。ブドウ糖には脂肪酸を燃やす役割がありますが、炭水化物は体内に摂取されることでやがてブドウ糖へと変化します。ですので、炭水化物を極端に減らすのは危険なのです。

ただし、上で述べたように、過剰に摂取すると、炭水化物はやがて脂肪へと変化しますので、こちらも注意したいところです。

まとめ

では、結局のところどうすべきかと言うと、やはり「バランス良く栄養を摂取する」、「3食きちんと食べる」という、ごく当たり前のことが求められます。これが意外と難しいと思う人もいる知れませんが、それ以外の手段でダイエットを成功させることはさらに難しいと断言します。

ですので、この2つのポイントを心がけることが、美しく健康な身体への近道になると意識しましょう!

スポンサーリンク