アラフォー必見!更年期の入口に立った時のダイエット方法

そろそろ更年期かな、、、最近体が思うように動かない、、、なんて時期が女性にはきます。
若いころには「痩せたい!」「食べない!」で乗り切ることができたダイエットも、年齢とともにとても難しいものになってきます。

特に40歳を超えると体の代謝が悪くなり、若いころよりも食べられなくなったのに腰回りにブクブクと贅肉が付いてくるのです。
そしてこの頃の代謝の悪さは老け顔をも生むのです。
見た目にも太り、顔も老け、着たい洋服は体のラインが出て着れない。
こんな思考でいると悪循環です。

年齢に合ったダイエットで体調管理をも同時にできたら素晴らしいことです。
ちょっとした運動とちょっとした食事の変化で劇的に体調から変えることができるのです。

食事の取り方

もともと脂っこい物が苦手で薄味好みの方には低いハードルですが、若いころと変わらずお肉やご飯が大好きな人が多いと思います。
そんなとき、食べる量を最初から減らそうとして食卓を寂しいものにしてしまっては結局継続にはなりません。
お野菜、たんぱく質を含めたバランスの良い食事量を変えることない食卓にしましょう。

ただし!
食事の前に大さじ二杯ほどのプレーンヨーグルトをいただき、お食事はまず味噌汁やサラダからが鉄則です。
スープでお腹を満たすだけではなく、体を温める目的もあります。

スープ、お野菜を先に食べることで血糖値の急上昇を避けることが第一の目的なのですが、この順番で食事をしていると後半ご飯をいただくころには「手を付ける前にご飯を半分に減らしておこう。」ということになるのです。

咀嚼は長く。
長すぎると続かないのでいつもより少し長くを意識してみて下さい。
食事の合間に飲み水を取りに立ちあがったり、ドレッシングを取りに立ちあがったりと食事の時間を長くすることで満腹中枢神経への到達へ導きます。

運動の仕方

これは更年期の入口に入ると体を動かすことが億劫になりさらなる体力の低下をもたらすことをなるべく避けるためです。
ただし、本当に辛くて動きたくない時はやめましょう。

一日の中で体調が良いと感じる時間帯を選んで20分~ジワッと汗をかく程度のお散歩をお勧めします。
スポーツジムなどに入会すると「行かなくちゃ。」という気持ちになりますが、更年期を迎えようとしている女性には余計な感情と言えます。
あくまでもジワッと汗をかく程度に週に3回を目安に続けることです。

食事で血糖値の上昇を抑え、ご飯やお肉を後半に持って行くことと、日々体を動かす週間で劇的に痩せるのではなく、体力を付けながら何カ月~1年くらいの長いスパンで健康的にダイエットにつとめましょう。