後姿に自信ありますか?たるんだヒップも短期間でキュッと上げるエクササイズ!

細身のデニムやスキニ―パンツ、はきたいけれど、今の後姿ではとても無理、そんな悲しい思いと卒業しませんか。
今からご紹介する、エクササイズを行えば、キュッとしまったヒップで、はけなかったスリムなパンツをはける日が必ずやってきます。

股関節柔軟で可動域UP

ヒップUPエクササイズを行う前に、まずは股関節を柔軟にして、可動域を広げ、運動効率を上げていきます。
うつぶせに寝た状態で、肘をまげて手を重ね、手の甲におでこを乗せます。
足を伸ばした状態で、骨盤を左右にゆらゆらと揺らして、完全に力をぬきます。
片足ずつ膝を曲げ、できれば足の裏を合わせましょう。
そこで、力が入らないように注意して10秒~30秒ほどキープします。
急に戻すと、負担がかかるので、少しずつ膝を伸ばすようにします。

楽にヒップ引き締め編

引き締まったヒップは魅力的だけど、エクササイズは苦手、という方でも楽にできるエクササイズです。
先ほどと同様に、うつぶせに寝た状態で、肘をまげて手を重ね、手の甲におでこを乗せます。
①両足をまっすぐ伸ばし、足の甲を床に着けた状態で、全身の力がぬけていることを確認します。
②肩や首に力が入りやすいので注意しながら、丹田に力を入れ、おなかを引き締めます。
③息を吸いながら、ひざを伸ばして、足の付け根から足先が真っ直ぐになるように、片足を少し浮かせます。
④吐きながらおろします。

そして、①に戻り、足を交互に行います。はじめは1日5セットくらいからはじめて、様子を見て回数を増やすとよいでしょう。

もっとヒップUP編

寝た状態のエクササイズは物足りないという方に、椅子を使ったエクササイズをご紹介します。
椅子の背もたれを持ち、椅子の背もたれと並行になるようにまっすぐ足をそろえます。
膝を伸ばしたまま、息を吸いながら足を後ろに伸ばしていき、はきながらおろします。
片手で椅子の背もたれを持ち、もう一方の手は腰にあて、椅子を持っていない方の足から行うと、より効果があります。
左右10回から、ご自身のペースで回数を増やして行ってください。

どなたでも簡単にできるエクササイズ、ぜひ試してみてください。