簡単にお尻やせできる!お尻のお肉がたぷたぷさようなら

お尻のお肉がたぷたぷ、パンツをはいたときお尻がパンパン、お尻のお肉の悩みがある方は少なくないはずです。どうすればお尻やせできるのでしょうか。

まずはほぐす

脂肪は動かないところにつきます。デスクワークが中心で歩くことが少ないとお尻の筋肉を使うことが少なくなります。エレベーターやエスカレーターを使い、階段の上り下りをすることがほとんどないのもお尻に脂肪がつく原因です。

お尻やせするには、使っていないお尻の筋肉を使う必要があります。しかし、今まで使っていなかったので、いきなりうまく動かすことはできません。まずは使われていなかった筋肉をほぐし、動けるようにします。

両脚を伸ばして床に座ります。体を倒していきつま先をつかんで15~30秒キープします。つま先がつかめないときは膝を少し曲げても構いません。お尻から太ももの裏が伸ばされていることを確認しましょう。お尻の筋肉と太ももの筋肉はつながっているので、この筋肉を伸ばすことでお尻の筋肉のこりがほぐれます。

お尻の筋肉を使う

筋肉を動かすことで血流がよくなり、その部分に脂肪がつきにくくなりやせることができます。お尻の筋肉を使うには歩く、階段を上るのが手軽です。

歩くときはできるだけ大股で歩きましょう。膝の裏を伸ばして大股で歩くことでお尻の筋肉が使われます。短い距離でも大股で歩くことを意識するだけでお尻の筋肉が使われ、お尻やせできます。
パンプスをはいて歩くと小股になります。底が高い靴は小股になってお尻の筋肉が使われにくいので、ウォーキングに適したパンプスなどをはくといいでしょう。

駅ではエスカレーターよりも階段を使うようにしましょう。太ももを上げるように階段を上ると疲れます。骨盤から脚を上げるようにすると疲れることなく階段を上れます。

自宅でできるエクササイズは、脚の蹴り上げです。壁や椅子の背に片手を添えて体を支え、片足を斜め後ろに蹴り上げます。できるだけ高く脚を上げましょう。

お尻の筋肉をほぐす・使うことでお尻やせできます。ちょっとしたことなので試してみてください。

スポンサーリンク