知りたくないですか?下半身太りの原因、解消のテク

多くの女性が気になっている下半身太り。
なぜ、下半身は太りやすいのでしょうか。
様々な理由で脂肪が蓄積されていくわけですが、自分の下半身太りの原因を見極めることで効果的なダイエット方法を行いましょう。

下半身太りの原因とは

主な原因は、骨盤の歪みや血行不良、むくみや筋力の低下などがあります。
特に女性はホルモンの関係で脂肪が溜まりやすい傾向にあります。普段から足を組んで座ったり、背中が丸まっていたり普段の生活での姿勢が悪いと骨が歪んだりして、血行や代謝が悪くなるため脂肪が燃焼されにくくなりどんどん蓄積されていきます。運動不足で筋力が低下し脂肪を燃焼する力も弱まってしまいます。

下半身ダイエットのタイプ

下半身太りにも種類があって、脂肪が蓄積している脂肪太り、新陳代謝の低下によってむくみが生じている水太り、筋肉が付きすぎているため太って見える筋肉太りなどがあります。脂肪太りは食べ過ぎによるものなので食事の見直しが必要になります。
水太りはバランスの良い食事と、脂肪を燃焼させる栄養素を摂るようにしましょう。
そうすることでむくみが解消されます。 筋肉太りはなかなか落ちにくいのですが、筋肉を揉み解すことで柔らかくし動きを持たせるようにしましょう。

ダイエットの方法

下半身ダイエットにはたくさんの方法があります。
ヨガやウォーキング、整体、マッサージ、ストレッチなど自宅で気軽にできるものがあります。
これらは血行を良くし歪んだ骨盤を正常に戻すことが出来ます。

効果的にするには

どのダイエット方法もそうですが、まずは継続して行うことが一番です。
自分がどういった原因で下半身太りになっているのかを知ることから始めましょう。
断食や極端な食事制限など、やみくもにダイエットして体調を崩してしまっては意味がありません。
リバウンドを起しやすく痩せにくい体質になります。わずかな時間を利用してむくみや脂肪を燃焼しやすい筋肉をつけてスリムな体型を目指しましょう。