モデルが体型を維持するために守りたい2つの大原則

理想的なモデル体型、あれほど美しいラインを手に入れられたら理想的ですよね。
とはいえ、普通のダイエットをしただけではモデル体型は手に入りません。
モデルさんの中にも食べる事が大好きな人、ハードなトレーニングなどしていない人はたくさんいます。
美しくなるためには「コツ」があるのです。

体幹に筋肉を付けて美しいラインを

雑誌などでモデルさんのインタビューを読んだことがありますか? たくさん記事を読み込んでいくと、多くのモデルさんに共通する点があることに気がつきます。それは、習慣的にヨガ(またはピラティス)を行っているということ。

ヨガは日本でも人気の健康法ですが、同時にとても効果的な美容法でもあります。体験したことある人ならご存知だと思いますが、ヨガはかなり運動量のあるエクササイズです。しかし、それがジムでする筋力トレーニングと異なる点は、「体幹」の筋肉を鍛えているということです。

身体の外側の筋肉が鍛えられると、見た目にも固そうで、女性としてはあまり美しく見えないことがあります。しかし身体の内側である体幹の筋肉が鍛えられれば、外見的に筋肉質に見えることなく基礎代謝量をアップしてくれるので、「自然に痩せていく土台」ができあがるのです。

身体の歪みを取り除いてくれるのもヨガの効果です。顔の表情や身体のバランスがよりシンメトリーになることで、より美しいという印象を与えることができます。

食べ物をアレンジして基礎代謝量をアップ

モデルさんの中にも食べることが大好きな人はたくさんいます。それなりに量を食べても体型が崩れないのには理由があるのです。それは、脂肪分を多いものは避け、さらに酵素を多く摂るように心がけること。

脂肪分を摂らないのは、単にカロリーが高いからではありません。脂肪を摂取するとコレステロールが増加し血流が悪化、基礎代謝量が低下して痩せにくい身体になるのです。モデルさんは、お肉を食べても脂肪分の少ない部位を選ぶ傾向があるようです。

納豆に代表される酵素を含む食品は、血液をサラサラにしてくれます。血液がサラサラになれば肌のツヤもよくなりますし、何より基礎代謝量がアップします。

モデルの仕事はとてもハードで、身体に負荷をかけるダイエットは命取りになります。
彼女たちの賢い方法を真似して、「ヘルシーにキレイ」を目指しましょう!

スポンサーリンク