ボディメイク実践!女性は全面ではなく後ろ側を鍛えて部分痩せダイエット

前から見ると一見細く見えるお尻、太もも、二の腕、しかしちょっと角度を変えて後ろ側から自分を鏡で見て下さい。
全く別人物に見えませんか?
実は、前ばかり気にしているあまり、後ろが太いというだらしない女性が沢山。
後ろ側を鍛えることで、キュッと引き締まって部分痩せも可能になります。
部分痩せというのは本来脂肪吸引でもしなければ難しいものです。
しかしボディメイクによって筋肉のつき方を変え、見た目を変えるということで部分痩せは可能です。

太ももを細くするための後ろ側トレーニング

よく見てみてください、腰から太ももにかけて脂肪が横に張り出していませんか?
これは後ろ側の筋肉が全く無いために全面へ筋肉が移動したために起こった現象です。
本来はそんなに太くなくても太って見えてしまいますから大変です。
1日15回10秒かけて座り、10秒かけて元に戻るというスクワットをしてみてください。
必ず、お尻は必ず突き出すようにしてお尻と太ももの後ろ側に体重がかかるようにしてください。
確実に変わります。
全面を覆っていた筋肉と脂肪が分散されて横に張り出していたものがなくなっていきます。
まずは1週間ためしてみてください。

後ろ手バイバイで振袖二の腕にさよなら

例えば電車を待っているとき、自宅でテレビを見ているとき、どこでもできる二の腕の後ろを鍛える運動があります。
両腕を後ろに突き出した状態でゆっくりバイバイするようにねじってみてください。
この際はゆっくり、30回を目安に行なってください。
気がついたときで結構ですから後ろ手バイバイで振袖状態の二の腕もバイバイです。

壁に背中とかかとを付けて1分間で上半身痩せ

エレベーターの中、自宅の壁、どこでもOKです。
壁があったらとにかく1分間、両足を揃え、かかとも壁に付けて、両肩も壁に付けて真っ直ぐに立ってみてください。
かなりきついですね。
これを気がついたときにやることで上半身痩せに効果が有ります。
背筋にかなり効きますから是非お試しください。

女性はこれらの後ろ側を鍛えることによって姿勢がよくなり部分痩せも可能になります。
腕立て伏せやジムのマシーンでトレーニングなんてしなくても、十分効果が期待できます。
毎日の気がついたときだけにやる少しの運動で楽しく部分痩せしましょうね。