ながら習慣でラクにダイエット 5選


ダイエットは沢山のことを心掛けなければいけません。

食事、運動、エステなど、時間やお金がかかることがほとんどです。もちろんそれらもとても大切なのですが、お金も時間もない方にとっては実行するのに難しい部分もあるでしょう。そんな方には是非「ながら習慣」を身につけることをおすすめします!

1、歯磨きしながら脚やせ&ヒップアップストレッチ!

立った状態で片足を後ろに移動させ床から5cm程つま先を離します。その時内ももに力を入れることを意識しましょう。そのまま10秒程キープした後、お尻に力を入れた状態で後ろに10回程度でよいので、蹴り上げる。それを片足ずつ歯磨きが終わるまで交互に繰り返します。歯磨き時のみならず、お茶碗を洗っている時やドライヤーをかける時なども是非やりましょう。

2、おトイレで、ながら二の腕やせ!

おトイレに座っている時に背筋を伸ばした状態で、両腕をまっすぐ前へ伸ばし息を吸いながら腕をゆっくりと頭上へ持っていき手を合わせます。肘を曲げ、合わせたままの手を背中に持っていきます。そのまま数秒キープ。この時二の腕の内側を意識すると更に効果大!この方法もおトイレのみならず、テレビを観る時などにもできるでしょう。

3、デスクワークでも脚やせ!

デスクワークの時、太ももの間に厚さ4~5cmくらいの本を挟んで仕事をしましょう。この時大切なのが内ももに力を入れることです。また、その状態で足首を動かしたり、つま先と踵を交互にゆっくりと上げ下げすると、ふくらはぎの疲れやむくみの軽減にも繋がります。時々お尻に力を入れたりするのも良いでしょう。

4、家事はオーバーリアクションで!

主婦の方は忙しすぎて自分のことに時間をかけられないことも多いでしょう。そんな方は、家事をする際是非オーバーリアクションで動きましょう。掃き掃除は足を大きく広げてストレッチしながら、拭き掃除は屈伸したり、腕を左右に大きく動かしながらするとよいでしょう。

5、寝ながらヒップアップ!

ももの下にクッションを敷いて寝ると太ももとお尻の間に空間ができ、地球の引力でヒップアップ効果が期待できます。またクッションをももで押したりすれば、寝ながらストレッチができて、鍛えにくい太ももの裏をラクに鍛えることができます。

毎日の生活習慣に取り入れて日々繰り返すだけでラクにダイエットができ、特に部分痩せに効果があるので是非実践してみましょう!

 

スポンサーリンク