ローフードダイエットとは

加熱処理をしていない状態の生の食品と、調理済みの状態とでは栄養素の構成が異なっているということはご存知でしょうか。

火を加えることで無毒化される成分もありますが、中には失われてしまったり、変質してしまう物も存在しています。

この、加熱処理によってなくなってしまう栄養素を積極的に取り入れることで、ダイエットの効果をアップさせようというのが、ローフードダイエットの考え方となります。

生の食材、特に野菜などの植物には、酵素が存在しています。

植物酵素のほとんどは、加熱処理を行う事で効力が失われ、生食以外の方法では摂取できないと考えられています。

もちろん、サプリメント等を利用すれば可能ですが、普段の食事の中から摂取できる量には限界があるのです。

また、ローフードダイエットを行うことで、加工食品を食卓に並べる機会が減少します。

食品添加物や化学調味料の量が減り、脂肪分の摂取量も少なく抑える結果が得られるでしょう。
 

ローフードダイエットの方法

最初は少しずつ、そしてだんだんに食事の中のローフードの割合を増やしてゆくのが簡単な方法です。

火を通していないもの、加工の少ないもの、低温で処理されているものが食べるべき食材ですので、情報を収集してレシピを覚えると簡単にできるようになるでしょう。

さらに動物性タンパク質を減らしてゆき、植物性のもので補うように進めていくことになります。

豆腐や豆類は加熱された食材ですが、これらは積極的にとりいれたほうが良いとされています。

飲み物についても、豆乳は牛乳よりこのダイエットで推奨されている飲み物ですから、切り替えて使用してみると良いでしょう。
 

ローフードダイエットのメリット

加工食品を食べる機会が減り、健康に良い影響を与える。油分の摂取量が減少する。
 

ローフードダイエットのデメリット

体を冷やしやすいので注意が必要。
 
 

スポンサーリンク