デカ顔悩み!意識するだけで顔が二回り小さくなる?!4つ

デカ顔で悩んでいる女子の皆さん、太っているせいだと諦めていませんか??
でも、太っていても顔だけスリムな人っていますよね。逆に、痩せていても顔が大きく見える人は、太って見えてしまいます。
顔が小さい人はそれだけで痩せて見えるし、大きい人は太って見える。要するに顔が大きいということは、非常に損なことなのです。では、どうすれば小顔になれるのでしょうか?

1、デカ顔の最大の原因はむくみ

デカ顔の一番の原因は、リンパの流れが悪いためにおこる「むくみ」です。顔に水分が溜まっているために、顔が大きく見えるのです。顔が大きいと諦めている人でも、リンパをちゃんと流してむくみを取るだけで、顔が一回り、二周り小さくなることがあります。リンパマッサージをして、顔のむくみを取っていきましょう。

2、毎日のケアにリンパマッサージを追加して

リンパマッサージといっても、別に大それたことをする必要はないのです。毎日のスキンケアの時に、化粧水や乳液を首やデコルテにもつけて、顔と同じ要領でマッサージすることを心がければいいだけです。特にリンパ節のある耳の後ろから首筋を下にむかって、鎖骨のくぼみを中心から外側へ、流す容量でマッサージしましょう。

3、頭皮のマッサージも効果的

ここまで読んでお気づきの方もいると思いますが、顔を小さくするためには、実は顔そのものではなく、首やデコルテなど、顔の周りをマッサージすることが非常に大切なんです。
頭皮にもツボが沢山集まっているので、もみ込む要領でマッサージすることで目がぱっちりして見えます。小顔だけでなく、頭の血行がよくなるので髪を美しくする効果も期待できます。
美顔ローラーなどを持っている人は是非、顔だけでなく首やデコルテ、頭皮もコロコロしてみて下さいね。

4、常に笑顔でいよう

無表情はデカ顔の一番の大敵です。口角が下がっていると顔が四角く見えてしまいます。逆に口角が上がっていると、顎がシャープに見えるのです。また、常に口角を上げるようにするだけで、口まわりや頬の筋肉が鍛えられ、小顔になります。
試しに、常に口角をあげることを意識してみてください。以外と疲れませんか?疲れるということは、その部分の筋肉がたるんでいる証拠です。口角がキュッと上がっていれば、顔の筋トレになるだけでなく、印象もよくなりますので、まさに一石二鳥ですよね。

如何でしたか?別にエステに行かなくても、日常生活でちょっとした心がけをプラスするだけで、顔の印象はガラリと変わるのです。皆さんも、小顔美人になっちゃいましょう!