1石3鳥!縄跳びダイエットで手っ取り早く痩せるコツ!

皆さんは、ダイエット法としてどのようなことを実践されていますか?
ダイエットの方法として1つのやり方だけにこだわるのはあまり効果が期待できません。食事面での工夫、運動面の工夫などを組み合わせながら上手に健康的にダイエットを進めて行きましょう。
ここでは運動面においてどうすればダイエット効果が上がるかという点について述べたいと思います。

有酸素運動はダイエットに必要

一般に、ダイエットするためには、有酸素運動が必要になります。運動しながらゼーゼーハーハーするのは無酸素運動といい、ダイエットには効果的な運動ではありません。
有酸素運動というは、運動しながら普通に呼吸ができるようなものをいいます。
ウォーキングやジョギング、水泳などがそれにあたります。そしてここでは有酸素運動の代表的なものとして縄跳びを挙げたいと思います。

縄跳びの意義と方法

「縄跳びダイエット」についての方法や気を付けたいこと10選!

縄跳びで跳ぶことによって脂肪を燃焼させ、同時に筋力をつけることで代謝機能をアップさせることができるのです。
また脚や太ももなどの部分やせの効果も期待できるなど1石3鳥なのです。
またダイエット効果以外にも、心肺機能が向上し、生活にもハリが出てくるなど様々な効果を期待することができるのです。

跳び方

跳び方については、最初から無理してやらないようにして下さい。1分間に50回から60回くらいで結構です。
1回行ったら、十分なインターバルをはさんで計3セットくらいやるようなつもりで実行してみて下さい。徐々に慣れるにつれて、ペースやセット数を少しずつ増やしていかれるといいでしょう。
本格的に実施したい人は、縄跳びの前にウォーキングやジョギングなどをしてあらかじめ体をあたためておくとよいでしょう。
また縄跳びの後はしっかりとストレッチをしてマッサージをするなどして筋肉をほぐすようにすると継続的に運動を続けることができます。

このように有酸素運動を行うことで脂肪を燃焼させることができ、その一方で食事面での工夫をしていくとよりダイエット効果が高められますのでぜひ実践してみていただきたいと思います。

縄跳びダイエットを詳しく解説 10選

ダイエットには食事制限と運動が必要となってきます。食事制限はなんとかできるとしても運動って苦手!という人も多いと思います。今まで運動してこなかった人からしてみると、いきなり外をランニングや筋トレなどは抵抗があるでしょう。そんな人におすすめなのが「縄跳びダイエット」です。

縄跳びであれば子供時に誰もが経験しているし、家の片隅でも出来るので誰かに見られ恥ずかしいこともないです。では「縄跳びダイエット」についての方法や気を付けたいことについて10項目まとめてみましたので参考にしてみましょう。

1、縄跳びダイエットはなぜダイエット効果があるのか

「縄跳びダイエット」についての方法や気を付けたいこと10選!04

縄跳びダイエットは飛ぶだけではありますが、実は全身運動になるので全身を鍛えることが出来ます。脚だけでなく腹筋や背筋など身体全身を使うことによって代謝があがりダイエット効果にもつながるのです。縄跳びダイエットは有酸素運動になりますので心肺機能も高まっていきます。

2、誰でも簡単に

縄跳びであれば、縄さえあればいつでもどこでも簡単に行うことができます。お金をかける必要もないですし、ランニングやウォーキングのように遠くまで出かけていく必要もないので、ずぼらな性格の人でも始めやすいダイエット方法です。

3、縄跳びを始める前には準備体操

縄跳びは飛ぶだけなので準備体操なんていらない、と思ってしまう人もいるかもしれませんが、実際飛んでみればわかりますが案外脚や腰に負担がきます。膝やふくらはぎなどに痛みが出てしまっては、せっかく初めたのに続けられなくなってしまいます。始める前にはしっかりと準備体操を行いましょう。また脚に負担がかからないクッション性の高いスニーカーを用意すると良いでしょう。

4、最初から無理をしない

早く効果を出したいからといって最初から1時間も2時間も飛ばないようにしましょう。縄跳びは有酸素運動になるので20分以上行うと効果が出てきますので20分を目安に行うと良いのですが、最初は10分くらいから初めるのがおすすめです。

身体に筋肉がついていないうちからあまり無理をしてしまうと、身体に負担がかかってしまいます。また無理をすると疲れて続かなくなる原因ともなります。自分の体力と相談して少しずつ伸ばして長い目でみることが成功する秘訣です。

5、痛みがでたら休憩も

縄跳びは慣れていないと腰やひざに負担がかかる場合があります。体重がある方であればなおさら負担がかかりやっすくなってしまうので、ちょっと痛みが出てきたかな?と感じたら無理をしないで冷却するなど応急処置をして様子を見ましょう。身体を壊してしまってはダイエットできなくなってしまっては元もこうもありませんよね。

6、雨の日でも出来るというメリット

「縄跳びダイエット」についての方法や気を付けたいこと10選!07

縄跳びダイエットのメリットは実は家の中でも行うことができるということです。部屋の中だと縄が家具などにぶつかってあぶない!と思ってしまうと思いますが、実は縄なしでもできるのです。

縄なしのエア縄跳びであれば、自宅の中でもできるので雨の日にお休みしなければいけないということもないのです。また自宅でできるエア縄跳びも販売されていますので取り入れてみても良いでしょう。

7、だんだんレベルUPを

縄跳びは両足をそろえて飛ぶのが一般的ですが、だんだん慣れてきて余裕が出来てきたらボクサーのように片足ずつ飛んでみたり、二重飛びを加えて見るなど変化や負荷をつけていきましょう。

二重飛びは腹筋にも力がはいるので、また違った筋肉を使うことになり鍛えることができるようになるのです。また変化をつけることによって飽きずに行うことができます。

8、音楽を加えて楽しく

「縄跳びダイエット」についての方法や気を付けたいこと10選!09

縄跳びダイエットは長く続けていくと単調なので飽きてきてしまう場合があります。そんな時には音楽を取り入れて楽しく続けていきましょう。好きな音楽を聴きながらであれば、テンションも上がってきますし、またリズムカルに飛ぶことでできます。ダイエットは長く続けることに意味があるので飽きないように工夫してみましょう。

9、終わった後にはしっかりアフターケアを

縄跳びはふくらはぎや膝、腰に負担がかかりやすいです。そのため終わった後はしっかりとストレッチを行ったり、お風呂につかるなどして筋肉をほぐしておきましょう。身体に疲れを残さないことも長く続けられれるコツでもあるのです。

10、脚を使うことによってむくみも解消

「縄跳びダイエット」についての方法や気を付けたいこと10選!10

むくみが気になる箇所で一番多いのがふくらはぎです。縄跳びを行うことによってふくらはぎの筋肉を使うことができるので、むくみ防止にもつながるのです。むくみのない脚はすっきりと引き締まってとても美しいものです。

まとめ

縄跳びダイエットはこのように誰でも簡単い初めることが出来るダイエット方法です。運動が苦手な方での始めやすいので、何かダイエットしたいと考えている場合であればおすすめの方法です。

有酸素運動ですので、乳酸が溜まりにくく疲れにくいので足腰の負担が気にならない人であれば長く続けられる運動です。早速初めてすっきりとした身体を手に入れましょう!