一日4食ダイエットとは

一日の食事は基本的に三回、朝・昼・夜に分けて考えるのが普通ですが、一日4食ダイエットはこの部分の発想を変え、3回以上食事を摂ることでダイエットを行う方法です。

これは、脳の飢餓状態を作らないようにすることで、脂肪を蓄積するタイミングを少なくするために行います。

ダイエット中であっても食事を抜いてはいけないと良く言われますが、これは摂取カロリーが同じか少ない状態であっても、2食にしてしまった方が太りやすい傾向があるためです。

これを逆手にとった方法として、食事回数を増やすアイデアが一日4食ダイエットであり、この回数は5回でも6回でも構いませんが、幾つかの注意点だけは守らなければなりません。

当然、普通に食事の回数を増加させるようなことをすれば、太ってしまうことは間違いありません。

回数は増やす、しかし総合的なカロリー数は変えないように整え、栄養バランスについても考慮するようにしましょう。
 

一日4食ダイエットの方法

一日の食事回数を3回以上にするダイエット方法を実践するためには、まず一日のカロリー摂取量についてきちんと考える必要があります。

ただ漫然と回数だけを増やしてしまうと、結局は総カロリー摂取量が増大してしまい、ただの食べ過ぎになってしまうからです。

このダイエット方法を行う上で大切なポイントは、いつもと同じか、それよりも少ない量の食事を、回数を分けて摂取する、というところにあります。

空腹状態を作らないように、少しずつ食事をするということになるので、もともと小食の人にとっては実行しやすい手段でしょう。

慣れるまでの間は、おにぎりの数や弁当箱に分けるなどの方法で、食べ過ぎになってしまわないように管理を行うのがおすすめの方法です。
 

一日4食ダイエットのメリット

全体として食べる量は同じなので、辛い食事制限は無い。
 

一日4食ダイエットのデメリット

外で働いている人にとっては、実行がなかなか難しい。