夕食抜きダイエットとは

寝ている間にはカロリーの吸収効率が上がるとともに、活動による消費がないため脂肪が蓄積されやすい、という体の仕組みを利用して、夕方以降に食べ物の摂取を控えることでダイエットを行います。

夕食を食べないのでその分のカロリーを軽減する効果もあり、減量の効果は大きいとされています。

しかしその反面、栄養バランスが崩れてしまうことが懸念され、健康的にこれを続ける為には幾つかの注意点を守る必要があります。

また、挫折してしまうことのないように、何らかの逃げ道を用意しておくことが継続できるための秘訣となります。
 

夕食抜きダイエットの方法

夕食抜きダイエットは、18時または19時以降には水分を除く食事を一切しないことで減量を目指すというダイエット方法です。

では、一日に二食にするということなのかと言えば、必ずしもそうではありません。

食事を抜くことでカロリーは軽減されても、かえって脳が飢餓状態を感知することで太る傾向があるということは、よく知られている情報です。

夕方以降に食べ物の摂取を行わないのがルールですから、それまでの時間帯に軽く食事をしておくのがおすすめの方法となります。

腹持ちの良い、食物繊維の豊富な内容にできるのがベターですが、簡単な手段としては置き換え用食品を食べるのが良いでしょう。

置き換えダイエット用の食品には、カロリーを少なくしながら腹持ちを良くするための工夫がこらされています。

栄養バランスについてもしっかりとしているので、一食を抜くことの弊害を最小限に抑える働きをしてくれます。

あまり夜遅くまで起きていると、どうしてもお腹が空いて何かつまんでしまう可能性が増えるので、できれば早めに就寝すると、よりダイエットの成功に近づけるでしょう。
 

夕食抜きダイエットのメリット

カロリー制限も同時にできる。

早く寝ることで成長ホルモンの分泌が増える。
 

夕食抜きダイエットのデメリット

家族のいる人には難しい。