ぽっちゃりなのに「あの人、なんとなくイイ!」と周りから言われるような装いのテク

自分のことをチョッピリ「太め」と思っているあなた!
スリムを意識するあまり、着こなしのポイントを間違っていませんか?
本当に自分に似合った女性らしく好感が持てる装いを、ゆっくり探してみましょう。

体にフィットしたものを!その場合、膨張色はNG。

お腹回りや太ももを隠すためにダボッとした服を上から重ね着したくなる気持ちは解ります。
ただ、その時にはウエスト部分に必ず「ベルト」や「絞り込めるリボン」などで若干締めて着ることをおススメします。
後ろから見たときに、少しでも腰のあたりに「くびれライン」があると目の錯覚から言っても実物より小さく見えるからなのです。
意外なところで「ニット」のようにまとわりつく素材でも、緩めに作られていて膨張色でなければスッキリと見えるものです。

アクセサリーを安全ピン代わりに!

体型カバーのためにチュニックの上に「ボレロ」を羽織る人も多いのですが時間が経つと肩が落ちてきたり「だらしがないイメージ」に変わってしまうものです。
そんな時にアクセサリーを「留め具代わり」にして活用する方法があります。
ブローチが無くても要らなくなったピアス、男性のネクタイピン、また、広がりかちなスカーフを指輪の中に通したりと
目立たないアクセサリーが服装の「型崩れ」を防いでくれるので便利です。

忘れがちな膝から下のライン

全身鏡でチェックしない限り、どうしても上半身しか目が行き届かない場合が多いのですが
膝を中心に見た「スカート丈の長さ」にも注目しなければなりません。
足を細く長く見せるというのは

「ヒザから下」が長いかどうかがポイントだからです。
「太い部分を隠す」のではなく
「見える部分」をいかに細く見せるかが大事ではないでしょうか。

これはチュニックのスソから見えるスキニーやパンツにも言えることなので
必ず全身のバランスを見直すことが重要です。

細く見える洋服を買うことだけが女子力UPにつがなるわけではありません。
ショッピングで「洋服を選ぶ目」よりそれを着てみた時の「自分を見る目」を高めたいものです。
目指すは男性目線より同性から褒められるような装いではないでしょうか。

最後に、スッキリした着こなしに欠かせないのは「髪型」も大きな役割を果たすことをお忘れなきように!