ウォーキングはなぜ朝食前なのか?朝食後ではだめなのか?ダイエットの基礎知識

若い頃から減量の必要なスポーツ種目に打ち込んできました。そのせいかダイエットに関して自分なりの方法というのを心得ているつもりです。
とはいえ、一般の方々に特殊な方法、マニアックな方法をお伝えしても意味がありません。

朝食前に20分以上ウォーキング

まず誰にでも簡単にできる方法としてお勧めなのは、朝食前に20分以上ウォーキングをすることです。でもただ歩くだけではだめなのです。しっかりと大きく腕を振って大股で、呼吸は鼻で大きく2回吸って2回吐くというリズムを守ります。
こうすることによって鼻から吸った酸素が血管を通って体の抹消まで運ばれ、脂肪を燃焼させるのです。これを一般に「有酸素運動」と呼んでいます。決して速く歩こうとしないことです。ゼーゼーハーハー息をしながら進んでいくのは効果がありません。

なぜ朝食前なのか?朝食後ではだめなのか?

このように書くと、皆さんのなかには素朴な疑問が生まれるでしょう。「なぜ朝食前なのか?朝食後ではだめなのか?」という疑問です。確かに朝食後にやってはだめとは言いません。
しかし効果は低いです。なぜなら、朝食を食べてしまうと、ブドウ糖の血中濃度が高まります。その結果、運動することによって体は血中のブドウ糖を消費しようとします。もし血中のブドウ糖の量が少ない場合は、体内の脂肪分を燃焼させてエネルギーに変えようとします。
朝食前に行う意義は、このように血中ブドウ糖の濃度を低いままにしておくことで、少しでも早く体内の脂肪燃焼に移らせようということなのです。

重要ポイント

そしてそこに至るまでの時間が通常20分間と言われています。
ですから、20分を過ぎた頃から体内の脂肪分が燃焼される段階に移行していくため、ウォーキングを20分で終わってしまったのでは全く意味がないのです。大事なのは20分を過ぎたところからなのです。

まとめ

さすがにこうしたウォーキングを始めてすぐに効果が出るとは言いませんが、せめて3ヶ月でも継続できれば普通の方で最低でも3kgは減量できるのではないでしょうか。
個人差がありますので何とも言えませんが健康的なやり方ですのでぜひお試しください。

スポンサーリンク