体型別タイプ着やせ術、4つの体型着やせテク!

腕や脚の露出が多くて体型が気になる夏は終わり、秋が来て体型を隠すのには楽になったと思う方は多いかもしれませんが、ただ気になる部分を隠すだけでは本当の体型カバーではありません。体型をカバーするには体型別のファッションテクニックがあります。

体型別タイプ着やせ術

リンゴ型

リンゴ型(お腹回りがぽっこりしていて、全体に丸みのあるため太ってみえる体型)はベルトでウエストマークをしてくびれを強調することがポイントです。太いベルトが効果が高いのですが、身長のあまり高くない方は細めのベルトがベターです。またウエストから視線をそらすことが大事ですので、大ぶりのネックレスを使うとか胸元にコサージュをつけるのもよいでしょう。ビッグボーダーワンピース・レースカラーニットプルオーバーのアイテムがお薦めです。

洋ナシ型

洋ナシ型(下腹部からヒップ、太ももの下半身にボリュームのある体型)下半身カバーに気をとられがちですが、トップスを見直した方が効果があります。上半身にボリュームを加えることでバランスが整い、下半身が気にならなくなります。また単純に下半身だけを細く見せたい時には縦のラインが強調されるデザインのプリーツスカートや縦方向にボタンが並んだスカートがいいでしょう。タンクトップにチュールスカートのMIXワンピース・フェミニンプリーツスカートなどもお薦めです。

バナナ型

バナナ型(いわゆるずん胴体型)胸の下あたりに切り替えの入ったようなふんわりしたシルエットのものが効果ありです。たっぷりフレアーの取られたスカートなどボリュームがでるスカートでメリハリをつけるのがよいでしょう。ビックフリルニット・チュールマキシスカートがお薦めです。

ぶどう型

ぶどう型(二の腕、バスト、肩幅などの上半身にボリュームがある体型)上半身にボリュームがあるのでそれほど太っていなくてもぽっちゃりしているように見られます。胸が大きいタイプには首回りがゆったりとしたものを選びましょう。カシュクールのものが効果があります。二の腕が気になるタイプは袖の形がベルスリーブとかフレアースリーブの七部丈のものが効果ありです。肩幅がきになる方は肩の切り替えラインがないデザインのポンチョ・ドルマンスリーブ・バックリボンカットソー・アンバランスニットなどがお薦めです。

自分の体型が何型なのかを見極めて体型カバーで着やせ効果アップしておしゃれの秋を楽しみましょう。