見せる?見せない?緩急使い分けて、メリハリボディーを演出!

この季節、寒さに負けて重ね着をしてしまいがちですが、重ねれば重ねるだけ膨らんでしまい、最後には雪だるまのように見える自分に愕然とすることはありませんか?

だからといって、「おしゃれは我慢!」と薄着で外に出れば、体調を崩してしまいます。
そこで、重ねる所は重ねて、出すところは出して、メリハリをつけてみてはいかがでしょうか?

ぽっちゃりさんはバストを強調

スレンダーな人は胸が小さいことに悩んでいる人も少なくありません。しかし、ぽっちゃりさんは胸もぽっちゃりしている人が多いのではないでしょうか?

体を締め付けるような服は逆に体型を強調してしまい太って見えますから避けがちですが、そうすると胸も強調されず、全体的にドラム缶がビヤ樽のように見えてしまいます。

そこで、胸を強調するチュニックの活用です。チュニックの中には、胸の下で切り返しのある物も多いです。
こうしたチュニックを着ると、ウェスト部分はカバーできて、なおかつ胸の大きさを生かすことが出来ます。

チュニックは全体的に体型をカバーしてくれそうに思いますが、胸の切り返しが無いものは逆に太って見えることも少なくありません。

チュニックの下はスパッツかタイトなパンツで!

お腹から太ももにかけては肉付きが良いけれど、膝上5センチ位から下は普通という人も結構いると思います。
こうした人がロングスカートで足を隠しきってしまうのは勿体ないです。

自分の体型で「ここは見せても大丈夫!」と思う部位は、どんどん露出しましょう。
他人は見える部分しか見ません。自信の無い腰回りや太ももは長めの上着でふんわり隠して、足は薄着でメリハリを付ければ、足の太さで体の大きさも想像しますから、全体的に細身に見えます。

胸を強調して、グラマラスな体型を想像してもらいつつ、肉付きの良いところは隠して、細い足を見せることで全体的にメリハリのある体型を演出することだできます。

この冬は、上着はふわふわと暖かい物を選んで、足もとはブーツかスパッツ程度の薄着で乗り切ってはいかがでしょうか?