無理なく行えて効果的ダイエット!「小麦、油、塩抜きダイエット」3パターン

「○○抜きダイエット」には、長続きしない、栄養が偏って肌が荒れるなど、ネガティブなイメージを持っている方も多いかもしれません。けれども、「健康や美容に悪いものを抜く」「日数に気をつける」の2つのポイントを押さえれば、短期間で健康的に、無理なく体重を落としつつ、お肌もキレイに、なんてことも夢ではありません。ぜひチャレンジしてみたい○○抜きダイエットを厳選してご紹介します。

初心者さんにおすすめ。小麦抜きダイエット

小麦製品の代表でもあるパンは、カロリーの割に腹持ちが悪く、たいてい砂糖や油脂も使われています。他にもラーメン、スナック菓子やケーキ、ドーナツ、揚げ物など、小麦が使われているものには、ダイエットの大敵といわれているものが多いですよね?まずは1日、次は2日、というように、小麦抜きにチャレンジしてみましょう。食生活自体が変わってくるはずです。

油抜き、ただし質の悪い油だけ抜いてみる

油抜きダイエットは減量効果は高いものの、肌や髪がパサパサになる、満足感がなくリバウンドにつながりやすいといったデメリットがあります。そこで「質のよくない油」だけ抜くダイエットがおすすめ。

ここでいう質の悪い油とは、「古い油」「ショートニング」「動物性の脂(ただし魚はok)」「原料のわからない油」です。
つまり、家で料理にオリーブオイルやごま油を使うのはいいわけです。バターは避けたい油ですが、かわりに、オリーブオイルに塩をひとつまみ混ぜた塩油を使うと、バターのような風味が出ますよ。パンにつけても美味しいです。この質の悪い油抜きは、何日続けてもokです。

上級者は塩抜きにチャレンジ

塩分は人間にとってなくてはならないものです。けれども私たちの普段の食生活では、塩分は常に過多気味。丸1日、塩分をとらない食生活に挑戦してみましょう。1日でもかなり身体がすっきりするはず。
今までの食習慣を見直すきっかけにもなります。ただし体調に不安がある、特別な治療を受けている、といったときには絶対に行わないでください。

いかがでしたか?意外とできそうな感じがしますよね。繰り返しますが、無理のない範囲で行うのが○○抜きダイエット成功の秘訣です。