あと-4キロ!どうしても落ちなかった憎き脂肪を燃焼!痩せる!

女性は妊娠出産を期に体型が激変してしまう人が後を絶ちません。
それはなぜなのでしょうか。妊娠中、食べ悪阻になって食べていないと嘔吐してしまうため、苦しさに耐えられず食べてしまった妊婦さん、身体がなまりのように重くだるくなり、寝て過ごしたために太ってしまった妊婦さんなど、さまざまな理由があります。

出産後は自然と体重が落ちていきますが、どうしても妊娠前の理想体重までは戻せない人がほとんどです。そんな女性に試してほしい、あと-4キロの痩せ方をご紹介します。

まずは食生活の大改造!

食生活というものは、なかなか簡単には激変させられないものです。
太っている女性はやはり食べる量が多めですし、高カロリーなものを好みます。
それをまず、大きく大改造する必要があります。
まず、食事は三食共に和食にすべきです。そして、その和食の中でも粗食を目指します。
その粗食を感謝して味わいながらゆっくり頂きます。それだけでまず-2キロです。

-2キロ落とせたら、次にすることはウォーキング

食事の大改造だけで-2キロは必ず痩せます。
ですが、残りの2キロはもう落とせないのが殆んどです。それでは次はどうしたら良いでしょうか。それは、家の周りでいいので、一日20分のウォーキングをします。
赤ちゃんが寝ている時間でもいいですし、夜、ご主人が帰宅した後でも良いでしょう。
このウォーキングにはコツがあります。まず、100メートルくらいをダッシュで走り、心拍数をあげます。そして、はぁ、はぁ、と息が荒い状態で、20分早足で歩くのです。
息の荒さが落ちてきたら、また100メートルほどダッシュして、心拍数をあげて下さい。
そして、きっちり20分歩いたら、もうそれで終わりで結構です。
これを一か月続けるだけで、もう落ちなくなっていた体重も-2キロ行くはずです。

この方法は、妊娠出産で太ってしまった女性以外にも応用できる方法です。
置き換えダイエットなどで数キロ体重を落とせても、それ以上もう落ちなくなってしまった方に試していただきたいダイエット方法です。

このやり方でダイエットして、-4キロを達成できなかった人はいません。中には-9キロまで落とせた女性もいます。ぜひ、お試しください。