本気で痩せるつもりなら、絶対NG! 遅寝・遅起き・つまみ食い・おやつキケン!

太りやすい生活習慣は、遅寝・遅起き・つまみ食い!

本気で痩せるつもりなら、絶対NG! 遅寝・遅起き・つまみ食い・おやつキケン!02

本気で痩せたい、と思っているのならば、生活主観の見直しは絶対に必要です。一番危険なのが、夜更かしが習慣化していて、夜遅くまで、ついつい、やってしまうつまみ食い

特に夜の9時を過ぎてからのつまみ食いは、ダントツにキケン!本来、消化器官も休む時間帯なのに、食べてしまうと、確実に余剰のエネルギーは脂肪となって蓄積されます。

また、こういうつまみ食いでついてしまった脂肪は、燃焼させるにしてもガンコで大変なんです。

美容にも大敵

本気で痩せるつもりなら、絶対NG! 遅寝・遅起き・つまみ食い・おやつキケン!04

夜更かしそのものも、美容の大敵でもあり、肌荒れや便秘の原因を招きます。まずは、夜は早く寝て、少しでも早く起きることを心がけて、夜中のつまみ食いを避けることからスタートしましょう。

朝起きておなかがすいていないのは問題

本気で痩せるつもりなら、絶対NG! 遅寝・遅起き・つまみ食い・おやつキケン!05

また、人間は午前中のほうがカロリーの消費が良くなります。朝起きたばかりで、お腹が空いていないとしたら、それは、ちょっと危険です。
朝ご飯をしっかり取ると、昼はそんなに多くなくても、割と満足感が得られたりしますが、夜遅くまで食べていると、起き抜けはむしろ食事がとれません。

そうなると、昼以降、次第にカロリー消費が落ちてくる時間帯にお腹が空いて、食べてしまう、という悪循環に陥ることになります。

痩せるためには、カロリーコントロール!「動く以上に食べる」は絶対NG!

本気で痩せるつもりなら、絶対NG! 遅寝・遅起き・つまみ食い・おやつキケン!03

そもそも、なぜ、夜中に食べると太りやすくなるのか?
その理由は、とってもシンプル。「食べた後、動かないから」です。

本来、人間は、食べる量と、運動量がちょうどよくバランスしているものです。
若いときは、新陳代謝も盛んですから、食べる量が少々多くても、運動で消費されるエネルギーがちょっと増えれば、簡単に痩せることができます。

これが、年齢とともに代謝が下がってきて、いわゆる「中年太り」のキケンが忍び寄ってくるようになると、少々の運動では、カロリーを消費しきれなくなっていきます。若いときと同じような食べ方をしていれば、ほぼ、確実に太ってしまう、と思って間違いありません。

ここに、更に、「食べた後に、運動しないで寝てしまう」というパターンが重なれば、もう、太るために食べているようなもの。絶対に、やってはいけないことです。「食べたら動く」を習慣づけるつもりで、カロリーコントロールに取り組む必要があるのです。

お腹がすくメカニズム

お腹がすいたというのは、どうすると感じるのか知っていますか?それは血糖値というものが関係しています。
血糖値というのは血液中に含まれるブドウ糖の値をさします。ブドウ糖は体のエネルギーになるもので、炭水化物などを食べると血糖値は上がります。

食事をするとこの血糖値は緩やかにあがり、やがて緩やかに下がっていきます。この血糖値の値がある一定より下がるとお腹が減ったという信号として現れるのです。
要はこの血糖値によって食事のタイミングを感じられるようになっているわけです。

血糖値を急激にあげてしまうと…

では、その食事のタイミングが変わる血糖値ですが、通常の食事は緩やかに血糖値が上がり、緩やかに下がります。

ただ、この血糖値を急激にあげてしまう食べ物があります。それがお菓子などの砂糖なのです。
血糖値は急激に上がると、体がびっくりして急激に下がってしまいます。そうすると、お腹がすくラインに短時間で到達してしまい、お腹がすき、また食べてしまうという事の繰り返しになります。

お腹が減るのを我慢するのは、かなり辛いですよね。ただ、この血糖値を緩やかにあげて、下げるというように、ある一定に到達するまでの時間を長くできるような食事にする事で、その我慢が減るのです。

お菓子はダイエットの天敵

本気で痩せるつもりなら、絶対NG! 遅寝・遅起き・つまみ食い・おやつキケン!06

お菓子はついつい手が出てしまうものですが、このお菓子が実は血糖値を急激にあげてしまう食べ物の代表例です。

お菓子の中に含まれる砂糖が原因ですが、食品の裏の表示を見ると異性化糖・ブドウ糖・ブドウ糖果糖液糖も同じ砂糖にあたります。かといっても、お菓子をやめるというのは結構辛いものがありますよね。それも実は理由があるのです。

砂糖には依存性があります。

食べると幸せを感じるホルモンが分泌されるため、それが癖になるとやめるのが辛くなるのです。いつも食べているものが麻薬のようですが、実はそれだけ砂糖は太りやすく、怖いものなのです。

では実際にやめるポイントは、まずは一週間我慢してみる事です。
一週間は食べたいという体からのサインがでますから、中々大変かもしれませんが、その一週間を乗り切れば食べなくても大丈夫に感じてくるはずです。まずは一週間頑張ってみてください。 

ダイエットに最適な食品の選び方

【低GI】という言葉を聞いたことがあるでしょうか。【GI】というのは血糖値の上がるスピードを計った値です。
この値が低いほど、腹持ちがいいという事を表します。
ですので、GI値の低い食品を食べるように気を付ける事です。

その他にも白いモノはほとんどは血糖値を上げやすいので、茶色い食品、砂糖の仲間で言えば蜂蜜や黒糖を選ぶだけでも違ってくるでしょう。
ダイエットには食品の質を見極めて食べる事が大切です。
まずはしっかりと知識を付けて、健康で理想的な体を作っていきましょう。

 

スポンサーリンク