なせリバウンドをしてしまうのか
リバウンドのメカニズム

ダイエット経験者の中の多くが経験しているリバウンド。

一旦は減量に成功したもののその後に体重が元に戻ってしまったり、最悪の場合はダイエット以前の状態よりも太ってしまったりすることをこう呼びます。

このリバウンドのメカニズムについては諸説ありますが、ダイエット生活中に太りやすい体質を獲得してしまっているため、と考えることができます。

食事制限だけでダイエットをしていると、どうしても筋肉の量が減少してしまい、基礎代謝が減少して以前よりも消費カロリーが少なくなってしまいがちです。

エネルギー不足の状態が続くと、脳が対策として代謝機能を低下させたり、血行が悪くなったりすることでも同様の結果が出てしまいます。

栄養補給が不十分な状態に置かれると、体は脂肪を蓄積しやすく変化してしまいます。

少ししか食べていないのに太りやすくなったり、食べることを我慢するのが以前より難しくなったりします。

満腹中枢の働きが悪くなり、たくさん食べなくては満足できなくなったり、より高カロリーなものを食べたくなってしまったりするのもこのためです。

 リバウンドしないための対策

正しい方法での食事制限を、適度に行っている場合にはあまりリバウンドは起こりません。

早く結果を出したいと焦らないように心掛け、少しずつ確実に進めていくようにしてください。

食べ物を節制すると強いストレスを感じる場合には、あまり無理をせず、適度に好きな物を食べる日を作るなど、自分に見合ったスタイルを見つけ出しましょう。

間食やおやつは禁物、と決めつけるのではなく、ローカロリーのダイエット食品を活用するなどして、楽しみながら継続できるように考え、あまり自分を締め付けすぎないようにしましょう。

自己流の方法でリバウンドを繰り返してしまっている人は、筋肉量がかなり落ちてしまっていることが考えられるので、軽い筋トレやストレッチを習慣として身につけるようにして下さい。