絶対綺麗なウエディングドレス姿を写真に残したい!簡単攻略法!

一生に一度の結婚式でのウェディングドレス。女性なら誰で絶対に綺麗に写りたいと思うはず。やっぱり細くて綺麗な二の腕にロンググローブ、憧れますよね。

結婚式の写真に綺麗に写る秘訣

またドレスを着た時の首筋や背筋の美しさも写真に綺麗に写る秘訣です。
結婚式を間近に控え、打ち合わせや衣装合わせ、招待客へのおもてなしなど毎日忙しい中でも家庭で簡単に二の腕、首筋、背筋を意識することで当日は誰よりも輝く花嫁になれるはずです。

まず、二の腕。

二の腕は普段なかなか使わないのでたるみがちですが、逆を返せば普段使ってないから意識することで簡単に引き締める事ができる部分でもあります。
やり方は簡単。テーブルに両手の平を乗せて強く手のひらで押すように力を入れる。これを5分行うだけ。また少し時間に余裕があれば、ペットボトルなどに水を入れて二の腕を意識したダンベル運動をすればさらに効果的。あまり負担になると続けられないのでもう少し頑張ろうかと思う位でやめておけばまた次の日が楽しみになります。

首筋や背筋を意識すること

また、首筋や背筋を意識することは家庭だけでなく職場でも簡単に実行できます。
女性はパソコン仕事やハイヒールを履いたりすることで姿勢が悪くなりがちです。
楽な姿勢に慣れてしまっていると結婚式当日も首筋・背筋を伸ばして姿勢を良くしている事も苦痛になりがちです。結婚式前から徐々に意識することで本番当日は素晴らしく綺麗な姿勢で披露宴では輝く存在でいられます。
まず背筋を伸ばした姿勢の意識の仕方です。肩をぐるりと回して回しきった場所が肩と腕の正しい位置です。
なんだか背筋を伸ばし過ぎで鳩胸になった感じに思われがちですが、それだけ普段の姿勢が悪いという証拠です。

首はキリンのように長く

首はキリンのように長く、視線は少し上を見るようにします。
この姿勢は会社で座っている際にもできますし、買い物先で鏡を見つけたら行ってみるなどいつでも意識することができます。
少し大げさな感じがしても当日ウェディングドレスを着たら素晴らしく綺麗な姿勢にスラリとした二の腕に感動できると思います。