産後に本気でダイエットを考える子連れ腹筋エクササイズがベスト!


人生において、女性の体型が最も変わる転換期といえば、出産です。出産後、どうしても痩せないという悩みは多いです。

妊娠中は、妊娠中毒症の危険もあることから、かなり厳しく体重指導される助産院や病院もありますが、多い人だと20㎏位増えてしまったというケースも少なくありません。つわりの症状によっても、食べづわりでとにかく食べていないと気持ちが悪い場合には食べて食べて妊娠初期には10㎏増えたという話も良く聞きます。出産後に赤ちゃんが外に出るから体重も減るかと思いきや、実際には5㎏くらい減ったらいい方です。赤ちゃんが3㎏前後に羊水などを含めても減るのは5㎏です。

増えた分は、すべて母体に蓄えられる

後の増えた分は、すべて母体に蓄えられてしまっているのです。しかし、母乳で育てていると体重の減りは早いです。栄養分が母乳で赤ちゃんに取られるため、かなりのダイエット効果があります。完全母乳育児の場合、ほとんど体重が元に戻るくらいに体重は減ります。注意したいのは、筋肉は戻らないということです。確かに母乳育児の場合は、母乳をあげている間は体重が減るかキープすることができます。

しかし、母乳をあげるのも2年弱くらいです。

そのあと、体重が増えてしまう場合が多いのです。それは、筋肉が衰えているせいかもしれません。

腹筋がとにかく鍛える

妊娠中は腹筋運動ができないため、腹筋がとにかく衰えます。体の中でも大きな筋肉である腹筋が弱くなると、基礎代謝量が低下します。母乳をあげている間は良いですが、卒乳後、基礎代謝量は減ったままのカラダですから、普通の食事でも太りやすいのです。産後は子供の世話に追われてダイエットどころではありませんが、筋肉を衰えさせないためにはエクササイズをする必要があります。子供をあやしながらかつ、自分のダイエットもしましょう。

とにかく腹筋

体育座りで子供を前に抱っこして、そのまま上体を倒していきます。45度くらいまで上体を倒して子供とにらめっこ。(5秒くらい止まります)そして上体を戻します。3回~5回繰り返しましょう。他にも、子供をおんぶしてスクワットや子供を持ち上げて二の腕のシェイプアップなど、筋力アップでやせやすいカラダを作りましょう。

 産後ダイエット成功の23手順・方法