くびれと引き締まったウエストを手に入れるテクニック!くびれ ダイエット

部分痩せを意識してダイエットをすると、思いの外早く効果が表れます。
体重だけが減っても意味がないですよね。どうせなら気になる部分を、できるだけスマートに!サイズを落としたい。
特に腹部のたるみや、段になった贅肉は一番の大敵です。
薄着になるこの季節、いつまでもチュニックで隠し通せるわけもないのですから、一念発起して頑張りましょう。

有酸素運動のあとの腹筋運動や、ストレッチに効果が在ることは、もう皆さんご存じのとおりですよね。
その他に、お腹の部分やせに効果がある、アプローチ方法とはどんなものがあるのでしょうか?

便秘の解消・食生活の改善

下腹部ぽっこりの原因には頑固な便秘が関係しています。
日頃からのマメな心掛けで、薬に頼らず便秘を解消したいものです。

野菜をたっぷりと取るのはお勧めですが、生野菜ばかりを取るのは少し控えて、温野菜や煮ものでたっぷりと取りましょう。
繊維質のモノは煮ものでとると、たっぷりと食べることが出来ます。
タケノコやゴボウはよく噛んで味わうと満腹中枢が刺激され、ご飯の量を減らすことにも一役買います。
春の味覚は美味しいモノばかり。少しくらい食べ過ぎても、繊維質や野菜ならローカロリーで安心です。

それから、毎日の食事に発酵食品を取り入れることもお勧めです。代表格としてヨーグルトですよね。朝食代わりに、フルーツと和えて頂くと手軽に摂取できます。

入浴時には湯船の中でのマッサージもお勧め。
おへそから『のの字』を書くように、ゆっくりと腸を押すように刺激をしていきます。
慣れたら少し強めに揉んでも大丈夫です。

最後は足の付け根のリンパ節に流し込むようにして終了です。浴室での作業は思いの外、カロリー消費にも繋がります。
あがった後はたっぷりの水分を補給しましょう。

呼吸法、ストレッチ、ヨガ、ピラティス

腹式呼吸を心掛けてウォーキングや散歩を。初めは難しく感じますが、慣れてくれば上手く出来るようになります。腹筋時に組み合わせても良さそうです。

もし、うまく腹式呼吸のコツがつかめないのなら、今ではたくさんの本も出ていますし、解りやすいものを一冊選んで参考にすると、自己流よりは効果が出るのが早いです。

変わったところでは、カラオケで熱唱しまくる、というのも意識して腹式呼吸を心掛ければ、十分な効果がでるようですよ。(音楽の授業でやりましたよね)

ストレッチは身体のリンパの流れを良くしてくれます。腹部に捻りを加えたものなら更に効果的です。

また、ヨガやピラティスは自宅で行うほか、教室に通うこともお勧めです。
一回、幾らの料金形態で参加できるスクールも多数あるので、一度指導を受けてみるのも良いです。場所が変わればやる気もまた新たに湧いてきます。

腹部のほかにも、様々な部分に効くこと間違いなしです。

毎日少しの積み重ねが、ボディラインを大きく変えます。
とりあえず、1ヶ月後のくびれたウエストを楽しみにして、ストレスを溜めずにエクササイズに励んで下さいね。