ダンベルダイエット

ダンベルダイエットとは

ダンベルダイエットとは、軽量のダンベルを持って行うエクササイズを通してダイエットを行う方法全般をいう言葉です。

エクササイズや活用方法は幅広く存在していますが、基本的にはダンベルを使用して簡単な運動を室内で行うことになります。

使用するダンベルは、運動を継続させるために軽量のものを用います。ダンベルを持っていない場合には、少々持ちにくくなりますが、500mlのペットボトルに水を入れたもので代用することも可能です。

ともかく、スタート当初は500gの程度の負荷で行えば充分です。

既にある程度定番化しているダイエット方法なので、エクササイズの実際の方法などについては多数考案されており、好きなものを選ぶ事ができます。

特に上半身のスリムアップに使える運動が多く、二の腕などの部分痩せにも活用されるダイエット方法です。
 

ダンベルダイエットの方法

ダンベルダイエットに使用する軽量のダンベルは、スポーツ用品店の他、100円ショップなどで販売されていることもあるので、好きなものを購入すると良いでしょう。

当然ながら、手に持って運動を行うことになりますから、持ちやすい形のものを選びましょう。

ペットボトルを利用する場合には、滑らないように工夫をすると共に、水が漏れないようにキャップをしっかりと閉めて下さい。

ミネラルウォーターのボトルよりも、炭酸飲料などに使用されている分厚いペットボトルのほうが、強度が高いため適しています。

エクササイズや体操を、ダンベルを持った状態で行います。

軽量の負荷しかかかっていないので、回数をこなすことができるのがポイントであり、あまりダンベルそのものを重たくしすぎないほうが良いでしょう。

毎日続けて行う事で、筋力アップが期待できます。
 

ダンベルダイエットのメリット

筋肉を鍛えられるので、基礎代謝の向上が期待できる。
 

ダンベルダイエットのデメリット

体脂肪燃焼のためには、長時間行う必用がある。