ダイエット時おススメのおやつは?摂り方で変わるおやつで痩せ!

社会人になってから、太ったという方はいらっしゃいますか?
社会人の女性が太る大きな理由はおやつです。
1日デスクワークなうえ、3回の食事におやつがプラスされたら、どうしてもカロリーオーバーになりがちです。
しかし、これらのおやつも食べ方と内容を考えれば、美容と健康に役立ちます。
今回はおやつの摂り方について考えていきましょう。

おやつとしておすすめしたい物として、大きく2つあります。

それはドライフルーツ(ナッツ類)とチョコレートです。

ドライフルーツやナッツ類

ドライフルーツやナッツ類は、その中に栄養素を凝縮しているため、むしろ積極的に摂取していただきたい食べ物です。

ドライフルーツやナッツに含まれる栄養素として主なものは、
食物繊維、カリウム、ビタミン類、鉄分、カロチンなど、人間が生きるために不可欠な栄養素が詰まっています。
特に、注目されるのが、食物繊維です。
ドライフルーツもナッツも乾物の為、腸内で数倍にも膨れ上がります。
これが、腸壁を刺激し、便を排出する腸のぜん動運動を活発にさせるため、
便秘の解消はもちろん、肥満や腸の病気の予防にも効果があります。

ドライフルーツやナッツはたくさんの栄養素を含んでおり、これらをおやつで手軽に摂取することができます。
普段の食事では補いきれないものを、おやつとして摂取することは、健康に良いといえるでしょう。

チョコレート

また、チョコレートもおやつとして積極的に取り入れていただきたい食べ物です。
チョコレートの中でもできればカカオの含有量が多いものをセレクトすることをお勧めします。

カカオの含有量の高いものを摂取することによって、糖分の過剰摂取を抑え、肥満の防止となるほか、
血液のめぐりをよくするため、脳卒中などの病気の予防ともなります。

また、適度なチョコレートの摂取は、リラックス効果にもつながりますので、
仕事のモチベーションも上がります。

いかがでしたか?
おやつを上手に取り入れることによって、普段の食事では摂りきれなかった栄養分を摂ることができますし、
更には、健康にもよい効果をもたらします。

しかし、いずれも摂りすぎることは良くありません。
肥満の原因にもなりますし、さらにひどい場合は、糖尿病になってしまう可能性もあります。
おやつにしても食事にしても、適量を心掛けるようにしましょう。

スポンサーリンク