モデルがやっているスリムで美しい女性であるための努力!

女に生まれた以上、美しく生きるということは鉄則。モデルや女優さんなど、美しい人ばっかりなのです。生まれながらの素質を持った人も中にはいるでしょう。しかし、大半は努力をして、自分の手で美しさを手に入れているのです。具体的にどのようなことをしているのでしょうか。

自分自身をよく見つめ直す

外面も内面も、今一度よく自分を見つめ直してみましょう。外見的な部分は、鏡を見てみましょう。内面的な部分は、他人の自分への評価や、自分分析をしてみるといいでしょう。そうすると、きっとコンプレックスがたくさん出てくるはずです。自分に100パーセントの自信を持った人間なんて、そうそういません。何かしら、自分に不満を持っている人がほとんどなのです。そして、大事なのは見つけた自分のコンプレックスを、否認するのではなく、認めてあげるのです。コンプレックスを、自分の個性や自分の長所にしてみるのです。

コンプレックスを自分の長所にするとは

例えば、自分の内面を見つめ直したとき、自分は優柔不断でどっちつかずな人間だ。そんな短所が見つかったとしましょう。言い換えてみれば優柔不断=慎重で、物事の真意をしっかり見ることができる。そんな風に捉えることができます。考えようによっては、短所を長所に変えることができるのです。

なんぼ内面が美しいからと言っても、やはり外見も美しくありたいですよね。では、実際にモデルもやっている食事についての美容法をお教えしましょう。

まずは食事制限

今までの食生活を見直してみましょう。週1で外食をしていませんか?栄養の偏った食事を摂ってはいませんか?お酒をよく呑んではいませんか?その他たくさんありますが、もちろんこれらの行為はNGです。野菜中心の食生活に変えましょう。そして、ダイエットをしている人はよく勘違いしていますが、食事は一日3食、または3食以上は絶対に摂りましょう。カロリー計算も大事です。女性は一日2000キロカロリー前後を取ることが理想ですが、これは極端に言えば摂りすぎです。モデルのような体系になりたいのであれば、1500キロカロリーで抑えましょう。

効果的な食事のとりかた

人間は、空腹時にものを食べると、余計なエネルギーを吸収しようとします。なので、食事をするときは、できるだけ空腹時を避けましょう。
具体的にどのようにすれば良いのかと言うと、常に何かを食べておくのです。ただ普通にお菓子をぼりぼり食べているようではもちろんだめですよ。
一日の摂取カロリーを1500キロカロリーと設定するのであれば、1500キロカロリー内で収まるものを食べるのです。

なんなら、一日3食ではなく、5食でも良いです。つまり、決まった量を小分けにして食べるのです。食事の回数が増えるということは噛む回数も増えますので満腹中枢も刺激されます。
そして、3食で食べるものを5食で食べるのですから、当然1回の食事の量が減りますよね。それに慣れてしまえば胃袋も小さくなります。どうしても空腹でしょうがない時は、カロリーの低いゼリーや、ナッツ系を食べるといいでしょう。

まだまだ努力すべきことはありますが、今回は食事についてのお話でした。
女性の皆様も、努力して美しく生きましょう。

スポンサーリンク