糖質制限ダイエットでたくさんたべてやせる!なぜやせるのか?

何度もダイエットをしたけれど失敗ばかり。こんな経験がありませんか。ダイエットで失敗する原因は続かないことです。
食事制限や激しい運動など、つらいダイエットは長続きせず失敗します。

食事制限ダイエットは空腹との戦いで、食事を我慢した反動で食べ過ぎてリバウンドしてしまいます。空腹を我慢しなくていいダイエット方法が「糖質制限ダイエット」です。糖質制限ダイエットとはどんなダイエットでしょうか。

糖質制限ダイエットとは

糖質制限ダイエットとは、糖質の摂取量を1日60~90gに抑えれば、あとは好きなものを食べてよいというダイエット法です。

糖質さえ制限すればお腹いっぱい食べてよいので、食事制限のような空腹感がありません。好きなだけ食べられるから反動でドカ食いする心配がなく、リバウンドがありません。カロリーを気にせず食べられるのも続けやすい点です。

なぜやせるのか

糖質を摂ると血糖値が上昇します。血糖値が上昇するとインスリンというホルモンが分泌されて、血液中の糖が筋肉や肝臓に取り込まれ貯蔵されます。

取り込まれて使われず余ってしまった糖は脂肪細胞になり太ってしまいます。
糖質を摂らなければ血糖値は上昇しません

糖質制限ダイエットは血糖値を上げないから太る原因をなくすことができ、糖質を制限することで脂肪がエネルギーとして使われてやせることができます。

食べていいもの、控えるもの

食品の栄養成分表をみると炭水化物と書いてあると思います。炭水化物は糖質と食物繊維に分けられます。控えるのは糖質です。
糖質が多い食品は、ご飯・パンなど主食になるもの、芋類、果物です。

野菜は糖質が少ないものが多くありますが、かぼちゃやトウモロコシ、れんこんなど糖質が多いものもあるので注意しましょう。甘い野菜は糖質が多いと覚えておきましょう。餃子の皮や揚げ物の衣にも糖質が含まれています。

肉・魚・大豆などタンパク質が多い食品は糖質が少ないです。ナッツ・野菜・チーズも糖質が少ないので、たくさん食べましょう。野菜は食物繊維が血糖値の上昇を抑えるので、特におすすめです。
タンパク質と脂肪をしっかりと摂取していればお腹が空きません。

スポンサーリンク