階段ダイエット

階段ダイエットとは

現代の生活では、階段を全くといって良いほど使わない一日がある、という人も多くなっています。

エレベーター付きマンションに住んでいて、会社への行き帰りの電車の駅でもエスカレーターやエレベーターを使い、立ち寄る場所にも特に階段がなければ、全く上り下りしない日もそれほど珍しくはないかもしれません。

しかし実は、階段は上る時にも下りるときにも、それなりにカロリーを消費するものであり、ダイエットにも最適な運動だと言われているのです。

時間がなくてジムに通ったりする暇がない、という人は、階段を活用してエクササイズがわりの運動を行ってみましょう。

急いで上り下りする必要はなく、ごく普通のスピードでも何度も行うとかなり疲れるのが実感できるでしょう。

日常生活の中の階段をなるべく利用するというのが、階段ダイエットです。
 

階段ダイエットの方法

階段ダイエットは、わざわざ階段のある場所に出かけていき、そこを上ったり下りたり繰り返す、というものではありません。

もちろんそれにも効果はありますし、自宅にも生活圏内にも階段を利用できるタイミングがない場合は是非行って下さい。

しかし、通勤を行っている人の大半は、電車や歩道橋など、どこかで階段を利用するチャンスがあるのではないでしょうか。

なんとなくエスカレーターやエレベーターを利用するのが習慣になってしまっている人は、『階段のあるところでは階段を絶対に使う』というルールを設定して、必ず階段を利用するように心掛けます。

多少時間がかかることもあるので、通勤通学の時間には今までよりも余裕を少しだけ持っておくと安心です。

慣れれば自然に階段を選べるようになります。

日々繰り返していくことですから、少しでもカロリーを消費できるこの方法がおすすめなのです。
 

階段ダイエットのメリット

エスカレーターを階段に変えるだけで、カロリー消費をアップできる。
 

階段ダイエットのデメリット

慣れるまでは意外と疲れる。

ハイヒールでは上り下りしにくい。
 
 

スポンサーリンク