ゾーンダイエット(4・3・3ダイエット)とは

ゾーンダイエットは食事のバランスを4・3・3の割合に調整する事を中心として行うという、比較的簡単で続けやすいことで知られているダイエット方法です。

量そのものを制限するものではないので、強い空腹感を感じることはあまりありません。

ホルモンバランスを整えて、自然に健康な状態を作り出し、痩せにくい状態に固まってしまっている体を解放する効果を期待して行います。

炭水化物の量を少なく抑えるところから、低インシュリンダイエットのバリエーションであると考えられがちですが、根本の考え方はかなり異なっているということができます。

しかし、血糖値を安定させることがダイエットには重要であるという部分では、考え方に共通する部分があるといえます。

ゾーンダイエットもかなり自由度の高い方法なので、ダイエット初心者にも上級者にもどちらにもおすすめできる方法です。
 

ゾーンダイエット(4・3・3ダイエット)の方法

ゾーンダイエットの考え方の基本は、炭水化物・タンパク質・脂質のバランスを4・3・3に整えることです。

食事回数は三回である必要はなく、一回に満腹になることは避けて、かつ空腹感をあまり感じない頻度でとるようにします。

一日五回に分けても良いとされています。

4・3・3のバランスは、一日のうちで考えるのではなく、一回の食事ごとに常にそうなるように調整する必要があります。

消化時の血糖値を安定させる目的があるため、この点だけはしっかりと押さえなくてはならないポイントとなります。

メニューを考えるのが難しい場合には、ネット上のレシピなどを参考にして、自分に食べやすい取り合わせを考えておくと良いでしょう。
 

ゾーンダイエット(4・3・3ダイエット)のメリット

食べる量自体は少なくないので、空腹に苦しむことがない。
 

ゾーンダイエット(4・3・3ダイエット)のデメリット

バランスをとるためのメニューを考えるのが難しい。
 
 

スポンサーリンク