水中ウォーキングダイエット

水中ウォーキングダイエットとは

体重が増加しても関節のクッションは同じなので、肥満状態でいきなりジョギングを行うと膝を傷めやすいと言われています。

普段から運動を行っていると、筋肉でも体を支えることができるので、この負担はある程度軽減されることになりますが、全く運動を行っていなかった人にはこの機能を期待する事ができません。

 

最悪、重量で足首を骨折してしまう人もいます。

水中では体に浮力がうまれ、体重からくる関節への負担が少なくなります。

このことを利用して、肥満解消のエクササイズ水中で行うことが勧められているのです。

負担軽減だけでなく、水の抵抗があることから、単純に水中を歩くだけでもエクササイズ効果が期待できると言われてます。

普段の歩行と比べると、約三倍のカロリーを消費できると考えられており、簡単にできる運動として、人気がある方法なのです。
 

水中ウォーキングダイエットの実践と活用

水中ウォーキングダイエットを実践するためには、まず利用できるプール探しが必用です。

プールが泳ぐ目的で使用されている時には、自分だけ歩いたりして迷惑をかけてはいけません。

よく、ウォーキング用にプールの端のレーンが解放されていることがあるので、そういう場所を利用して下さい。

また、時間によって用途が制限されていることもあるので、かならず施設のルールを守って利用するようにしましょう。

歩くだけの運動ですが、効果を上げるためにもやはり準備運動を行ってから始めます。

軽いストレッチかラジオ体操で、運動を行う状態ら体を整えてからプールに入ります。

どれだけ歩くのかは自由ですが、あくまでも無理のない範囲で行い、できれば継続して続けて下さい。

毎日は無理でも、週に何回か実行するのがおすすめです。
 

水中ウォーキングダイエットのメリット

体に負担をかけずに運動をすることができる。
 

水中ウォーキングダイエットのデメリット

プールの利用時間が限られている。自宅ではできない。