いっぱい食べたい!けど痩せたいという人の為の食事の工夫 3つ

夏になると露出が増えることから、身体の無駄なぜい肉というのは落としたいものです。
今までは隠せていましたが、これから海に行ったりレジャーなどに行くとどうしても薄着になる機会というのが増えていきます。
そんな時期を快適に過ごすためにもダイエットをする必要があります。

その中でもいきなり色々と始めるのは大変ですので、まずは食事から変えることでベースが出来てきます。

1 規則正しい食生活できっちりと3食を食べる。

朝、昼、晩と1日に3食でありますが、朝は寝起きな為に食欲が出ずに中々食べることが出来ないです。
しかしそういった時にでも食べることが重要です。
それは空腹時間が長くなってしまうと、体は脂肪を蓄えようとするので、次に食事を食べた時ものというのは、そちらに蓄えられてしまいます。
そのようなことから3食きっちりと食べる事が大切です。

2 夜は18時までに食事を済ませる。

夜というのは寝るだけということが多いですが、食べた後に寝るだけというのは、カロリーを溜め込んでしまうので、食事後にある程度活動が出来る時間というのを与えることが大事です。
出来れば食事後1時間経ってからウォーキングなどをすることによって、ダイエットに更なる効果を与えることが出来ます。

3 食べる順番の工夫。

まず食事30分前に食物繊維などが多く含まれている野菜を食べることで、満腹中枢を刺激します。
この刺激によって全体の食べる量というのを減らす事が出来ます。
そしてメインの食事の時にも、まず汁物からすべてを食べ、そして肉や魚、最後に炭水化物といったように食べると身体の吸収から効果があります。
この食べ方は全てを食べ終えてから次に行くという感じとなるので、外では難しいですが、自宅で一人の環境であれば実践する事が出来ます。

食事制限というのは中々難しいと感じる人も多いので、毎日の食事や食卓で工夫をすることによって太りにくくする事が出来ます。

これから夏を満喫をしたい人は是非実践しましょう!

スポンサーリンク