食べたものメモダイエットとは

食べたものメモダイエットは、その名の通り食べたものを全てメモするという方法で行うダイエットです。

最初はカロリーなどは考えず、いつも通りの食生活をして、とにかく正確に記録することからはじめましょう。

メモをする理由は、『なんとなく食べる』という行動の抑制にもつながります。

食べたら書かなくてはならない、というだけのことで、ムダ喰い防止の機能が期待できるので、まずは気軽にスタートしてみましょう。
 

食べたものメモダイエットの方法

まず、食べたものをメモするための手帳を用意して、いつでも持ち歩くようにします。

そして、何かを飲んだり、食べたりした場合には、どんなに小さなものであっても、カロリーのない水一杯であっても、全て書き留めるように心掛けます。

一日の終わり、またはある程度まとまった時期に、それぞれのカロリーを書き込み、一日に自分がどれくらいのカロリーを摂取しているのかについて、計算を行って下さい。

事前に、自分にとって必要とされるカロリー量を計算しておき、日々の摂取カロリーと比較します。

必要量を上回っている場合には、どの点を改善すればよいかを考え、下回っているとしてもさらに減量を考えるなら、減らすことのできる部分について検討します。

この方法は、直接痩せるためのものとは異なっていますが、食品のカロリーについての知識がしっかりと身につくことで、自然と低カロリーなものを選択できるようになるため、誰にとっても非常に有効なダイエット方法です。

お金もかからず、時間もそれほど必要とはしないので、簡単でありながら効果が高い方法として根強い人気のあるダイエットなのです。
 

食べたものメモダイエットのメリット

一日の自分の摂取カロリーをしっかり把握できる。食品カロリーの知識が身につく。
 

食べたものメモダイエットのデメリット

ダイエットをしていることが人にばれやすい。面倒に感じる時がある。