一日一快食ダイエットとは

我慢をしすぎて暴食に走ってしまうことがありますが、食の我慢を続けていることで脳そのものが疲労してしまい、脂肪を燃焼させる機能そのものが低下すると言われています。

一日一快食ダイエットとは、ある程度の食事制限を行いつつ、一日一回好きな物を食べる機会を持つことで、ダイエットを行う上でのストレスを解消し、痩せやすい状態を保つ事を目的として行うダイエット方法です。

プレッシャーから解放される瞬間を持つことで、長くダイエットを続ける事が気持ち良く出来るようにするという、今までに無い考え方から発案されています。
 

一日一快食ダイエットの方法

一日一快食ダイエットは、一日の三回の食事のうちどれかを『快く好きな物を食べても良い回』として、それ以外の食事を低カロリーに抑える、という方法で行います。

快食をするのは朝・昼・夜のどの食事であっても問題ないので、自分の生活サイクルに合わせて選択すれば良いでしょう。

このダイエットの目的は、ダイエットで食事制限を行っていることのストレスをためずにダイエット生活を継続することにあります。

そのためには、一食分の多少のカロリー増は仕方がないこととして捉え、精神的な影響から体の代謝が悪くなる事を防ぎます。

いわば、一日一回ご褒美があるようなものですから、ダイエットとしては楽で簡単な部類に入ると言えるでしょう。

それ以外の回については、栄養バランスを考えつつ、カロリーを控えめにした食生活を心掛けます。

置き換え用のダイエット食品を利用している人も多いようですし、サラダや果物などを活用したり、別のダイエットを組み合わせて行うのにも適した方法です。

ストレスを解消しながら、気長にダイエットを継続してゆきましょう。
 

一日一快食ダイエットのメリット

毎日好きな物を食べられるのでストレスが溜まらない。
 

一日一快食ダイエットのデメリット

自由度が高いので、意思の力が重要なポイントとなる。