メリロート効果

メリロートとは

メリロートは、むくみ解消に効果のあるものとして知られている豆科のハーブの一種で、基本的にサプリメントでの摂取が普通です。

植物の状態で目にする機会は、あまりありません。

メリロートのに含まれる有効成分は、血液凝固をゆるやかにし、血行を促進したりリンパ液の流れが良くなる効果が期待できるというクマリン、大豆などにも含まれることで知られている肥満防止効果のあるサポニンなどです。

むくみ防止や解消に効き目があるのはクマリンのほうですから、サプリメントを購入する時には成分と含有量をチェックして下さい。

また、セルライトの解消や予防にもメリロートは役立つ成分と考えられており、利用と共にマッサージを行うことで徐々にセルライトの量を減少させることに役立ちます。

血行不良に由来する体の不調全般を改善することが期待できますが、過剰摂取にならないように注意を払う必用もある成分です。一日あたりの摂取量目安は約300mgとされ、これを超えないようにしてください。

過剰摂取によっておきやすい副作用は、胃腸障害、だるさ、頭痛に加えて、長期的に過剰摂取の状態が続くと肝臓の機能に影響を与えることがあります。
 

メリロートの利用方法

メリロートを主成分とするサプリメントを、用法・用量に従って飲用します。

一日のメリロートの摂取量目安は300mg、このうち血行促進効果を持つクマリンは4パーセントと計算してのことですので、配合が違う場合には注意が必要です。夕方になると下半身のむくみが気になる、という人に特におすすめできるサプリメントです。気になる部分のマッサージも同時に行えば、さらに良い効果を期待する事が出来ます。
 

メリロートを使ったダイエットのメリット

セルライト予防。むくみ解消効果で美脚をつくる。血行全般が改善されるので、肩こりや冷え性改善にもつながる。
 

メリロートを使ったダイエットのデメリット

過剰摂取での副作用がある。