紅茶ダイエット

紅茶ダイエットとは

紅茶には紅茶ポリフェノールが含まれており、食事の脂肪分の吸収を低く抑えるという効果が期待できます。

運動を行った時の消費効率をあげるという機能も持っている他、体を温める仕組みが働くことで基礎代謝の状態を良くしてくれるという面もダイエットには効果的です。

紅茶は基本的にノンカロリーですから、砂糖を自分で加えない限り、どれだけ飲んでも太ることのない飲み物です。

ジュースの代わりに活用することで、全体の摂取カロリーを低く保つことにも役立ちます。甘み以外の味覚や、香りの豊かなものを選択すれば、無糖でもおいしく飲むことができるでしょう。

緑茶よりも体温維持の力が強く、代謝を促進する機能のある紅茶を利用して、効果的にダイエットを進めてゆきましょう。

紅茶ダイエットの方法

代謝のアップしている状態を活用するためには、運動を行う30分ほど前に紅茶を飲んでおくのが良いでしょう。

アイスよりもホットのほうが体を冷やしてしまわないので、ダイエット時にはかならず温かい物を飲む様に注意します。

ダイエットクッキーでカロリー制限をしている人には、一緒に紅茶をたっぷりいただく方法がおすすめできます。

紅茶とクッキーは相性も良く、砂糖などを加えなければカロリーがアップすることもなく、満足感を増加させてくれる水分として温かい紅茶を飲むので、ミネラルウォーターよりも効率よくダイエットの効果を得られます。

ダイエットに使用する紅茶は、基本的に無糖・ミルクなどは入れないようにして下さい。

レモンはOKです。また、ティーバッグなどのフレーバーティーを取り入れることで、バリエーションが豊富になり、続けやすくなります。

紅茶ダイエットのメリット

飲み慣れたドリンクなのでストレスがない。

リラックス効果を得られる。

紅茶ダイエットのデメリット

過剰摂取には注意が必要。夜に飲むと眠りにくくなる。