産後のお尻周り・下半身のたるみの解消!絶対成功させるテク!

出産を経験した人なら誰しもが悩む問題。それは、産後のダイエットです。出産して母乳育児をしていれば自然と体重は落ちていきます。

しかし落ちていくとはいえ妊娠前の体重に戻るのはなかなか難しいです。さらに妊娠で伸びてしまったぷよぷよとしてお腹・・・。この部分を引き締めるのはただ育児をしているだけでは無理です。

妊娠・出産を経験すると、女性は体系が崩れがちです。特にお尻周り、下半身のたるみは年々深刻なものになってきます。

産後に効果的なダイエットを紹介したいと思います。

産後すぐには、ダイエットできない

産後すぐには、体にとてつもない負担がかかっているので無理はできません。しかし、出産をすることで骨盤が開ききってしまっています。まずは、その部分のケアをすることが重要です。

出産まで体重増減は10キロくらいまでにとどめたほうがよいでしょう。

出産を迎えた女性は、産婦人科で体重指導がされると思います。だいたい現在は10キロくらいまでに抑えるように言われることが多いですね。
赤ちゃんが3キロ 羊水などが3キロ そのほかお母さんが出産に使うエネルギー分を考えて、だいたい10キロというところでしょうか。
出産すると、今度は育児が始まります。

母乳で育てると体重の減りが早い

母乳で育てると体重の減りが早い

完全母乳で育児をすると体重はみるみる減っていきます。
母乳はお母さんの血液からできています。お母さんが持っている栄養素を赤ちゃんにあげているのですから、体重の減りはとても早くなります。

また、赤ちゃんもお母さんの母乳を飲んでいるうちは、お腹のなかが善玉菌でいっぱいですから、とても病気になりにくいんですよ。

1年以内に体重を戻すべし

赤ちゃんにもよりますが、だいたい1歳前後でおっぱいを飲むのをやめてしまう子がでてきます。
これは、赤ちゃんにとって大きな成長ですが、お母さんが以前と同じような食生活を送っていたらあっという間に体重が増えてしまいます。

無理なく体重をキープし続けようと思うのであれば、産後1年以内に日常にできる運動をしたり、合間にストレッチしたりして体重を戻しておくとよいでしょう。

骨盤バンドをしっかり引き締める

骨盤バンドをしっかり引き締める

最近では、タレントさんなどプロデュースしているおしゃれな骨盤バンドが店頭で見られます。バンドでしっかりと固定してあげること開ききった骨盤を引き締めることが可能となります。

しかも産後すぐは、開きやすくもありますが戻りやすいタイミングでもあるので最初のこのケアはとても重要です。これをするかしないかでのちのダイエットの進み具合は違います。

骨盤のゆがみを直す

妊娠を経験すると、骨盤が広がってしまいます。骨盤が広がったままだと、お尻が大きく見えてしまいます。「産後すぐに直さないともう治らない。」と考える方も多いですが、そんなことはありません。いつから始めても、しっかりとやり続けることが大切です。

簡単な骨盤矯正の方法としては、産後に使えるベルトがあります。値段も2000円前後でさまざまな商品が販売されていて、つけるだけで効果が期待できるのでおすすめです。

産後ダイエットに有効的なもの

上記に書いてある骨盤の引き締めは、継続して続けていくことを勧めます。これは、産後半年までの間に行うのが一番です。それ以降となるとゆがんでしまって時間がかかってしまいます。産後には、ヨガやストレッチなどの運動がダイエットとして効果的だとされています。

母乳をあげるとなると栄養をしっかりとらないといけないので食事制限はできません。かといって激しい運動をできるまでに体が回復するには1年近くかかるとされています。

ヨガやストレッチを毎日数分でも取り入れることで代謝アップそして柔軟性がつきます。このステップをしっかりこなしていけば本格的なダイエットをスタートしたときにダイエットがスムーズに進めるという利点があります。そして産後で伸びてしまった皮を引き締めることもできます。

一日3食しっかり食べる

産後は何かと忙しくなってしまうのですが、一食でも抜く習慣が付いてしまうと身体は次にいつ食べ物が入ってくるのか分からなくなり、食べた物を溜めこんでしまう事があります。
反対に一日3食きちんと食べるようにする事で、身体は代謝も良くなり次第に痩せ体質にすることが出来るのです。

産後独特の精神状態に負けない

産後は慣れない育児からストレスが溜まりがちになってしまい、結果食べる事で発散してしまう方もいます。

女性ホルモンの急激な変化などもあるので精神状態も落ち着かない事もあるのですが、そんな時こそダイエットを目的にした運動を行う事で気持ちが明るく前向きになれるので、産後うつにも効果はあります。

たるみをすっきりとさせる方法をポイントに分けて紹介します。

腹筋を鍛える

腹筋を鍛える

妊娠中は激しい運動が出来なかった事で筋肉が弱くなっている事があります。
特にお腹周りは思うようにサイズダウンが出来ないと嘆いてしまいたくなるのですが、子宮の状態が元に戻ったのを確認してから今度は腹筋を鍛えるエクササイズを開始します。
赤ちゃんが寝ている間など、少しの時間でも出来るので育児に負担にならない程度に少しづつ行ないましょう。

空自転車こぎダイエット

カラ自転車漕ぎ

こちらの方法は道具もいりませんし、身一つで行えるので今からでも始められます。
まず、仰向けに横になります。足を天井に向かって真っすぐに伸ばし、自転車をこぐように足を動かします。1分を3セット位行うと効果的です。
寝る前や、テレビを見ているときに簡単に行えて、場所も取らないので、試してみてください。
空自転車こぎはふととも・お腹周りの効果が期待できます。

お尻歩き

お尻歩き

こちらも道具は何も使いません。これはよく、バレエをやられる方が、内股を鍛えるのに用意られる筋トレです。
座った状態で足をまっすぐに伸ばし、両足はぴったりと合わせます。その状態で前後に進んでいきます。直線で10メートル分くらいを前後2往復分くらい行うと効果的です。
コツは、足を浮かせず、地面につけたまま、足を前後に滑らせるように行うことです。

これはふとともの内側・腰回りに効果が期待できます。実際に行うと実感できると思いますが、意外とハードなので、始めのうちは自分に合った距離分行ってください。

まとめ

どんなダイエットにも言えることですが、1日では効果は出ません。まずは自分が毎日続けれれる回数でいいので、毎日行いましょう。
産後のたるみをすっきりさせて、綺麗な体系を維持しましょう。

スポンサーリンク