納豆菌 ナニ?

L-カルニチンとは

L-カルニチンは、脂質を燃焼してエネルギーに変換する際の重要な役割を体内で果たしている物質です。

人間の体内にもとから存在し、整合性によって作ることのできるものですが、外部から取り込むことでエネルギー代謝を活性化させることになるため、体脂肪の燃焼効率をあげたいダイエットの際に利用されるようになりました。

L-カルニチンの生合成量は加齢によって低下が見られるとともに、原料となる肉類の摂取量も少なくなる傾向があることから、外部からの補給を行う健康的な意味での意義があると考えられています。

ダイエットに対しての効果としては、おおむね有効であるとされていますが、効き目には個人差があるという意見も散見されます。

サプリメントとしての摂取目的は、第一に減量のための体脂肪燃焼効果を期待して行われますが、高齢者にとっても良い成分であるという研究結果が報告されています。

L-カルニチンをダイエットに活用する場合には、錠剤やドリンクの形でL-カルニチンを摂取し、スポーツなどの活動を行う必用がかならずしもあるわけではありませんが、長期的に飲み続けるだけで顕著な減量を求めることは難しいため、ある程度の運動を組み合わせる方法がおすすめです。
 

L-カルニチンの利用方法

特に服用するタイミングについての厳密な決まりはなく、継続して服用を続ける事が望ましいとされています。

しかし、蓄積するような物質ではないため、飲み続けることで効果が増大するわけではありません。消費され続ける物を補給し続ける状態だ、と認識してください。

ダイエット効果を求める場合には、やはりある程度の運動を行うほうが減量効果を期待する事ができます。

L-カルニチンを使ったダイエットのメリット

代謝を促進する効果があるので、スポーツ時の脂肪燃焼がよくなる。
 

L-カルニチンを使ったダイエットのデメリット

健康に良い成分ではあるが、飲んだだけで減量に直接はつながりづらい。