プロテイン

プロテインとは

プロテインは単にタンパク質を表す言葉ですが、日本でこの言葉を使った場合には一般的に、筋肉増強やダイエットに使用するために作られた健康食品を指します。

タンパク質を効率よく体に取り込むことができるように、必須アミノ酸をの形で配合しているものですが、多くは粉末状の製品です。水または牛乳などの水分に溶かして飲用します。

もともとは、体を鍛える時に効率よく筋肉の増強を行うために使われるものでしたが、近年はダイエット食品としても活用されるようになりました。

この場合には、ダイエット中の筋肉の減少を抑える役割を期待する物として使用するため、植物性のものを利用するのが良く、より吸収効率の高い動物性プロテインを間違って使用すると、減量どころか体重の増加にもつながるため注意が必要です。

プロテインは筋肉増強、または維持のために使われる健康食品ですが、飲むだけで筋肉量が変化するものではありません。

維持や増強を行う為には、同時に運動鍛える運動を行わなければ、吸収された後は余剰エネルギーとして蓄積されることになります。

栄養価が高い食品であるため、摂りすぎや運動不足にはくれぐれも注意しましょう。
 

プロテインの利用方法

ダイエットに利用する場合には、吸収のゆるやかな植物由来のプロテインを使用します。

食事の置き換え用のプロテイン添加飲料を使う場合には、摂取後に適度に体を動かすように心掛けましょう。

ハードな運動である必用はありませんが、適切に運動を行わない限り、プロテインの効果を得ることはできません。

室内ストレッチやダンベル運動を組み合わせることで、健康的に、かつ早く減量を成功させることにつながります。

プロテインの配合量にもよりますが、カロリーカットのみを目的とする場合には向かない成分です。
 

プロテインを使ったダイエットのメリット

筋肉の減少を防ぐことができ、基礎代謝が落ちづらい。
 

プロテインを使ったダイエットのデメリット

方法を誤ると逆に肥満につながることがある。