ダイエットのモチベーションを維持し続けるための目標の決め方

ダイエットの成功はいつまでたっても女性の永遠のテーマですよね。
ところが周りの話を聞いていると、
・今回もまた失敗してしまった
・もう○ヶ月もたっているのに一向に成果がでない
・少し痩せたけれどすぐにリバウンドしてしまった

など、成功体験よりも失敗の話の方が良く聞かれます。
ダイエット成功のためには目標の立て方と初めに痩せよう!と思った時のモチベーションの維持がかかせません。
そこで、ダイエットに失敗しないための目標の立て方とモチベーションを維持するコツをお教えします!

最終的な目標を数字ではなくビジュアルで立てる!

よくダイエットの目標で聞くのが○○までにマイナス5キロ!やウエストをマイナス10センチ!など数値目標をたてているケースです。
もちろん悪くはないのですが、では実際に体重が5キロ減ったらどのような姿になるのかが想像できていますか?目標のイメージが明確にくっきりしないとモチベーションの維持が難しくなってきます。
大ヒットした「引き寄せの法則」という本でも言われているように目標は目をつむると瞼の裏にくっきりとした画像でいつでも思い浮かべることができるくらいビジュアルで描くのが最も効果的です。

そのためには、雑誌やグラビアでこのスタイルになりたい!というものをピックアップして目につく場所に貼ります。トイレやお風呂場、ベッドルームなどいつでも目につく場所に貼って絶対にこの体型になる!と強く意識することが大事です。
外出が多い方は手帳に挟む、携帯電話の待ち受けにする、なども効果的です。
もちろん自分の身体を鏡でチェックすることも大切ですがここのお肉がなくなれば・・とお腹のお肉をつまむよりもスラッとしたモデルのウエストを見て、絶対にこうなるんだと考える方がモチベーションの維持ができます。

目標は細切れにする!

次は目標の達成への流れについてです。
最終的にこうなりたい!という目標が決まったらそこに向け様々な努力を始めると思うのですがその際に3か月後までに○キロ痩せる!半年後までに水着が着れるように、と期限を決めることが多いと思います。
期限がないとダラダラとダイエットしてしまい結局何も変わらないという事がありますので明確な期限を決めることはダイエットにとても必要なのですがそれだけでは達成はなかなか難しいものです。

最終的な目標に向けて1か月単位、1週間単位、細かく言えば1日単位での目標を持つことが有効です。
3カ月で5キロの減量は遠く感じでも1か月にすると1.6キロ
1週間で約400グラムです。
これなら何とかなりそうですよね?
また、目標を細かくすることで、そのたびに達成の喜びを感じられるのでモチベーションが続きますしうまくいかなかったときの計画の修正もききやすくなります。

いかがでしたでしょうか。
是非、上記2点を意識しダイエット成功のための目標とモチベーション維持に役立ててみてくださいね。

スポンサーリンク