カロリー制限で効果が出なかった人にお勧め、糖質制限ダイエット

女性の美意識の高さとともに、ダイエットによって理想的なプロポーションを手に入れようと頑張っている女性も多くなりました。
特に最近では、外食でもカロリーがメニューに乗っているお店が増えて自分がどれくらいのカロリーを摂取しているのかが見えるようになっています。
このようにカロリー計算によるダイエット法は以前からもだいぶ浸透してきていますが、実際には満足いく結果が得られていない人もいます。
そんな人はカロリーは制限内におさめたとしても糖質が制限できていない場合が多いのです。

つまりカロリー制限によるダイエットは効果はありますが、糖質を抑えないと失敗に終わりやすいのです。

ただ、どちらも抑えるとなるとやはり食事できないストレスが溜まってしまって続かないという問題が出てきやすいものです。

糖質制限ダイエット

そこでおすすめしたいのが、カロリーは気にしないで糖質制限ダイエットです。
糖質を主に多く含んでいるのは主食です。まず主食である米やパンといった炭水化物を多く摂取すると血糖値を急上昇させて太りやすくなる傾向があります。

これを普段の半分にする。

これだけでダイエット効果があります。
もちろん、その分オカズなどの副菜は減らす必要はありません。
あくまでも主食であるお米やパンなどを普段の半分に制限するだけでいいのです。
これならば、カロリー計算の煩わしさや食べ物を我慢するつらさから少しは解放されてダイエットを続けて行きやすくなります。

主食の内容を変える

ただし、どうしても主食のお米やパンが大好きで量を減らすのが難しいという人は、主食の内容をちょっと変えましょう。
米が好きなら、玄米や麦を米に混ぜて食べる方法やパンならライ麦パンなどがおすすめです。このように素材を生かしたものを混ぜることで、腹持ちの良い食べ物となってくれるので太りにくくなるのです。
いままでカロリー計算で食べたいものを我慢していた人は、ぜひ主食を半分にする糖質制限ダイエットで理想の体型を手に入れましょう。