やる気ダイエット!ダイエットモチベーションを維持する5つの方法

本格的な夏になり、薄着で肌の露出が多くなります。
この時期になると毎年ダイエットを始める方が増えます。
しかし、一時的にしか痩せなかった・万年ダイエット中と、毎回途中で断念する方いらっしゃいませんか?
今回は、ダイエットのモチベーションを維持する5つの方法をご紹介します。

グラフに記録する習慣をつける

効果がでなければ、人間やる気はでません
今ではスマホアプリでも体重管理ができるものがありますので、まずは体重の増減を記録しましょう。できるだけ細かい目盛りにすることで、右肩下がりの角度がつくので、「効果がでている」と思えることがポイントです。

周りを巻き込む

できれば内緒でしたいものですが、自分一人では失敗してもペナルティはないので危機感が出ません。気心知れた友人にダイエット宣言したり、期日を決めて競争することでゲーム感覚で楽しむことができます。
無言無実行から有言実行に変えることで良い緊張感を持ちましょう。

目標は手の届く範囲で設定

いきなり10キロダウン目標としても、途方の無さを痛感するだけです。
高い目標は必要ですが、それ以上に目標をクリアしているという達成感が必要なのです。例えば、短期目標(1週間300g減)・中期目標(3週間1キロ減)・長期目標(2ヶ月2キロ減)という風にそれぞれ立てて確実にクリアしていきましょう。

全身鏡でイメージトレーニング

こまめに全身鏡で体を見るようにして下さい。特に見ていただきたいのは、朝起きてすぐの体です。
朝食前のお腹は日中見るよりもぺったんこになっていますので、痩せた気分になれると同時にずっとこのお腹でいたいと思うようになります。
目に見て効果が出てると思い込むことで、これからのダイエットにやる気が出ます。

根を詰め過ぎない

週に1日外食で食べ過ぎたくらいで気にすることはありません。「今までやってきたことが台無し・・」「もう無理かも」と悲観するのではなく、
良い息抜きになったと気楽に構えてください。
根詰めると楽しくなくなりストレスが溜まってしまいます。ルールに縛られすぎずにマイペースを心掛けましょう。

いかがだったでしょうか。無理なダイエットはリバウンドや肌荒れを引き起こし、美しさを損ねてしまう原因となります。
適度なダイエットで健康的な体を手に入れましょう。

スポンサーリンク