有酸素運動ダイエット!まず動くことから始めよう!

ダイエットというと、どうやって食べる量を減らすか、どんなサプリを飲むか、といった食品関連のことが真っ先に頭に浮かびます。
でも、食事のことをいったん忘れてしまうっていうダイエット方法もあるんです。

まず運動してみよう

もちろん暴飲暴食していい、という意味ではないんですが、食事制限によるダイエットのことをいったん忘れましょう。そして、週に何回かでもいいので、運動を始めましょう。
最初は、本当にきついです。でも、これがいいんです。「こんなにきつい思いをするぐらいなら、もう食べない」と思うでしょう。それがいいんです。
ダイエットっていうのは結局、意志の問題です。摂取カロリーを抑え続ける意志があれば、ダイエットは成功します。
この「意志」を、運動することによって獲得しよう、というのが、運動することの大きな意味なんです。

やるなら有酸素運動を

さてでは、どんな運動でもいいのかというと、そうではありません。いわゆる「有酸素運動」という、体内の脂肪を消費させる運動です。基本は歩く・走る。ゆるい強度の運動を、長時間続けるというものです。
上に書いた「きつい思いをする」という意味では、短距離ダッシュなどの無酸素運動でも同じ。むしろこっちの方がきついかもしれません。
でも心配いりません。運動のし初めは、軽い強度の運動でも絶対につらいです。どうせつらいなら、カロリーを消費する運動をしたいじゃないですか。

無理をせず、継続することを重視

さて、「あえてきつい思いをする」ということとは矛盾するようですが、一方で無理をしないということも非常に重要です。例えばいきなり5km、10km走るというようなことをやると、二度とやりたくなくなります。脚を痛める可能性も高いです。有酸素運動はある程度の時間続けなければ、カロリーを消費しません。それは20分と言われています。最初のうちは、20分走り続けるのはきついでしょう。その場合は、頑張りすぎずに歩いて下さい。

いかがでしょうか。油抜きをしようか、炭水化物抜きをしようか、といろいろ思い悩んでいる方。いったんそれを忘れて運動を始めるということも選択肢の一つとしてあるのです。