食事置換えダイエット
基本の考え方

食事置き換えダイエットは、一日一食以上を何らかの低カロリー食品などと置き換えることで、一食分の摂取カロリーをカットしてしまう事を目的として行われるダイエット方法です。

バナナやトマトなどの単品、おかゆなどの低カロリー食品、野菜メニュー、ドリンク系など、いろいろなタイプの食品で置き換えダイエットを行う事が可能ですが、栄養バランスの偏りを起こしやすいダイエット方でもあります。

一食を抜いて二食にするよりも健康には良いとされているので、現在朝食を抜いている人は置き換えダイエットに切り替えることで、良い結果が出るかもしれません。

この場合はカロリーを低減することが目的ではありませんが、食物繊維が豊富な食材を採用したり、ビタミンなどを摂取する目的で行うと考えて下さい。

方法と注意点

単純に、食事のかわりに置き換え食品を一定量食べる、あるいは飲むだけで一食とカウントします。朝食・昼食・夕食のどれを置き換えても良く、特に夕食を置き換えると効果が高いと考えられています。

最も手軽に実行できるのは朝食ですが、家族がいる場合には一人の時間の食事を置き換えにする人が多い用です。自宅にいる時間の長い主婦の場合は、昼食で行っている人が比較的多くなります。

一食を置き換えたからと言って、安心して食べ過ぎないように注意し、置き換え以外の時にはいつも通りの食事を食べて下さい。一日一回以上行う場合には、栄養バランスを考えて、サプリメントなどを併用することも考えてみて下さい。

どれくらい続けるのかは、効果と、置き換えている食品、目標によって変化するものですが、あまり無理に続けないようにして下さい。

カロリーカットだけに頼らず、運動をプラスするようにすると、より早く健康的にダイエットを進めることが可能になります。

置き換えダイエットは手軽ですが、置き換える食品によっては多少の危険を伴います。自分の体調に合わせて、できる範囲で取り組むようにしましょう。